《新マネージャーつかまえた! ゆうちゃん、これからよろしくお願い致します》

 5月27日、自身のSNSで笑顔の写真とともに近況を報告したいしだ壱成。

「彼は'90年代にドラマで活躍しましたが'01年に、大麻取締法違反により逮捕。以降、私生活のトラブルが続き、精神的な不調もあって'18年ごろから石川県に移住していました」(スポーツ紙記者)

新マネージャーがついたことをインスタグラムで報告したいしだ壱成。“ダメ出したくさん”と書くなど、良好な関係が築かれている様子だった(画像は編集部で一部加工)

父・石田純一からの電話「マトリが向かっているから逃げろ」

 昨年12月に3度目の離婚を発表。今年2月にはクラウドファンディングのリターンを巡って金銭トラブルも発覚するなど災難続きだった。

「3月にトルコで植毛手術を受けたことがメディアで取り上げられてから風向きが変わりましたね。再び東京に拠点を移して、本格的に芸能活動を再開させるようです」(同・スポーツ紙記者)

 新マネージャーも見つかり、再起を図ろうとしている壱成に対し「彼は約束を破り、私たちを裏切った」と怒り心頭なのは、石川県で塗装業に携わっていたというK氏だ。

彼と出会ったのは'21年の夏ごろ。お金もなくボロボロだった彼を放っておけず、ご飯をおごったり家に呼んだりしていました。離婚直後、住む家もない状態になった彼は、 “再び芸能界で頑張りたい”と私に相談してきたんです」(K氏)

 K氏は以前、芸能関係の仕事をしていた知人のT氏と壱成を引き合わせる。

現在のT氏は、群馬県の山あいにあるホテルの経営者。壱成をT氏のところに住まわせながら、俳優活動をバックアップしようと考えました。私とT氏がマネージャーになり、3人で芸能事務所の設立を目標に、共同生活を始めたんです」(K氏)

 詳しい事情を聞くため、自然に囲まれたホテルを訪ねた。

ここは宿泊施設なので、布団を畳んだり食事を作ったりといった仕事がありますが、彼ができるのはトイレ掃除だけ。ほかの時間は部屋で寝るか、元妻や友人と電話するだけでした。私たちは彼を売り込むためにいろいろ手を尽くしていましたが、感謝の言葉もないんですよ」(T氏)

 壱成が植毛手術から帰ってきて数日後の3月下旬、衝撃的な出来事が起こる。

壱成が“父からマトリ(麻薬取締官)がそっちに向かっているから逃げろと連絡が入ったので、いったんこのホテルから出る”と言うんです。あっけにとられていると、彼の友人と思われる男性が車で迎えに来て、壱成を乗せて去っていきました」(K氏)