7月21日に放送される歌番組への出演を最後に、それ以降はコンサートなどを行わず、年内で芸能活動をキッパリ終了すると発表した吉田拓郎。それに先立ち、6月19日に《コンサート活動は年内をもってケジメをつけようと思います》と、同じく“引退”を宣言していたのが加山雄三だった。

「加山さんは、'20年8月に自宅から救急搬送されて入院した際、軽度の脳内出血を起こして、活動を休止しました。リハビリを経て、'21年に復帰。今年はコンサートを行っていましたが《歳をとることで、さまざまなことを続けていくことの大変さを実感している》として、今回の発表になりました」(スポーツ紙記者)

“若大将”の引退発表は芸能界でも波紋を呼んでいるが、彼の地元・茅ケ崎の人々は何を思うのか─。

「加山さんは、まさに茅ケ崎を象徴する人ですよ」

 そう話すのは、茅ケ崎を走るJR『相模線』の乗客のひとり。

『相模線』の茅ケ崎駅では、'20年に加山が芸能活動60周年を迎えたことに加え、'21年に『相模線』開業100周年を記念し、加山の曲『海 その愛』を使用した発車メロディーが導入されていた。加山と地元の深いつながりを感じるが、その発車メロディーを聞くことができたのは短期間だったようで……。

今年3月のダイヤ改正でワンマン運転となり、加山さんの発車メロディーを流せなくなりました。今までは車掌がホームにあるボタンを押してメロディーを流していたのですが、ワンマンだと運転士が車内の発車ブザーとホームのボタンも押すことはできませんので……。半年で終了は残念ですが、仕方ないですね」(茅ケ崎駅の駅員)

モニュメントの制作費は50万円

 すでに役割を終えていた加山の“駅メロ”。ただ、茅ケ崎には彼ゆかりのものがほかにも。

 '21年4月、加山をモチーフにした“モニュメント”が駅前から海岸に延びる『雄三通り』の交差点に完成した。

地元の名産である湘南七宝焼の店に頼んで制作しました。加山さんの事務所から写真を提供していただき、『海 その愛』の歌詞も入れて、かかった制作費は50万円くらい。加山さんご本人も見に来てくださいましたよ。番組ロケのついでに寄ってくれて。数分間でしたが、珍しく加山さんが来ていたので、たくさんの人が集まっていました」(東海岸商店会の青年部会長)

加山雄三のモニュメント

 七宝焼とは、金属の素地にガラスのうわぐすりを焼き付けて装飾する技法。古くから勲章などに用いられている。

 制作に携わった湘南七宝焼の店主は、加山についてこう語る。

昔は茅ケ崎にいたこともあったせいか、七宝焼はご存じでした。モニュメントの表面をペタペタ触りながら“へぇ、へぇ”とうなずきながら説明を聞いてくれました。“加山さんの映画の海のシーンみたいにキラキラしているんですよ”と伝えたら“不思議だねー”と言っていました