「彼らなら今日の昼過ぎに、うちの店に来たわよ。カウンター席に並んで座ってドリンクを飲んでたんだけど“ナイスカップル”って雰囲気だったからハッキリ覚えているわ」

 そう教えてくれたのは、アメリカNY州のとあるコーヒースタンドで働く女性従業員。“ナイスカップル”とは、秋篠宮家の長女・眞子さんと夫の圭さんである。リラックスタイムを過ごしたこの日は、圭さんが“3度目の正直”に挑んだNY州司法試験の前日だった─。

前回の試験結果は関係ない

「試験当日は『ラルフローレン』のボタンダウンシャツにカーキ色の半ズボンと青のスニーカーを合わせた“アメリカンカジュアル”な装い。驚いたのは、試験の2日目もまったく同じ服装だったことですね」(皇室担当記者)

 初日の試験会場には地元や他国から集まったマスコミに加えてユーチューバーも集結。そんな中、午後5時半ごろに会場を後にした圭さん。そこで、『週刊女性』記者が「試験の手応え」や「眞子さんとの会話」についての質問をいくつか投げかけるも、圭さんはいっさいしゃべらない。

 ただ、マスク越しでもわかるほどの笑顔を見せたことから、“試験の手応えはある”とも感じられた。2日目、試験開始前と試験終了後にも圭さんに声をかけたが、乗り込んだタクシーの車内で深くお辞儀をするだけで“肉声”を聞くことはできなかった……。

 今年2月に受験した司法試験の結果について、圭さんは昵懇の仲である日本のベテラン弁護士に「あと5点足りずに落ちてしまった」と明かしたと報じられている。この「5点」について、NY州の弁護士資格を持つ清原博弁護士に話を聞いた。

「試験の採点は複雑な計算式を使うので、具体的に“あと何問正解すれば合格できたか”というのはわかりません。個人的な感覚では、選択式の問題で200問中、あと3〜4問を正解していれば合格だった、というイメージです。

 ただ、前回の結果が惜しかったとはいえ、当然ながら試験問題は毎回変わります。今年2月の試験では、たまたま小室さんの得意分野が出題されたのかもしれないし、今回は苦手な分野が出題される可能性もある。つまり、前回が惜しかったからといって“今回は合格できる”ということでは決してありません