俳優のいしだ壱成が7月29日、インスタグラムを更新。主演を務める俳優復帰作『100日後に退職する47歳』のクランクアップを報告。4年ぶりの映画出演で「いよいよ役者として復活しました」と綴った。

 映画『100日後に退職する47歳』は、ツイッターで発表され話題を集めた同名マンガの実写化作品。アプリ開発者の苦労や悲哀を、47歳の主人公を通して描いていく。「月9にも出演したい」と意気込むなど、過去の栄光を取り戻せるのか目が離せない。

 そんな彼が再び注目を集めるようになったのが24歳年下の妻・Bさんとの離婚劇だった。昨年12月、舞台の共演がきっかけで結婚したBさんと、3度目となる離婚を発表。その約3か月後、『週刊女性』が改めて取材を進めたところ、いしだが始めたクラウドファンディングでの金銭トラブルが起こっていたことが判明。さらには、年下妻・Bさんとの離婚理由が衝撃的なものだと発覚したーー。

(以下は2022年2月28日に配信した記事の再掲載です 年齢は掲載当時のまま) 

◆   ◆   ◆

「いしだ壱成さんが昨年夏に募集したクラウドファンディング(主にネット上で行う資金調達の手法)の支援者になったのですが、いつまでたってもリターン(見返り)が実現しない。そこでSNSでメッセージを送ったところ、返金すると言われたのですが、一向に振り込まれず……」

 憤慨した様子で『週刊女性』に告白するのは、いしだ壱成のクラウドファンディング(以下、クラファン)に支援した石川県在住の男性・Aさんだ。

「私以外にも被害者はいる」

 昨年12月、いしだは舞台の共演がきっかけで結婚した24歳年下の妻・Bさんと、3度目となる離婚を発表。

「当時19歳だったBさんと結婚した際、年齢差などを理由にバッシングを受けて、うつ病が再発。一時は生活保護を受けるほど、生活が困窮。Bさんがラーメン店などで月5万円を稼ぐも、そのうちの3万円がいしださんのたばこ代に消えていたことを取材で告白したため、ネット上では、再びバッシングを受けることに」(スポーツ紙記者)

 時を同じくして、石川県でクラファンをめぐるトラブルを起こしていた。

いしだ壱成が行っていたラーメンに関するクラウドファンディング

「クラファンには完全寄付型もありますが、いしださんが募集したものはリターンのあるタイプでした。私が支援したのは1万5000円を払うと、Bさんもアルバイトをしていた白山市内にあるラーメン店のメニュー考案と、その商品の命名権が得られるというもの。こちらから催促して、昨年8月25日にいしださんを交えてラーメン店で打ち合わせをしたのですが……」(Aさん)

 試作品が完成次第、連絡をすると伝えられていたが、3か月たってもなしのつぶて。

「仕方なく、いしださんのSNSにDM(ダイレクトメッセージ)を送ったところ、“僕も利用されただけ”と、責任の所在は協力したラーメン店にあるといった返事が届いたんです。そこでラーメン店にもDMを送ったところ、“試作品はできていたが、いしださんが連絡を怠っていた”と。私にはどちらが悪いかはわかりませんが、リターンのメニュー考案が叶わないのであれば返金してもらうしかないなと、再びいしださんに連絡しました」(Aさん)

 昨年末には支払った1万5000円を返金するといしだから連絡が届くも、振り込まれず。年明けの1月に再び催促すると、「今月25日までに振り込みます」とメッセージが来たが、振り込まれないどころか連絡も途絶えた。

「同じリターンへの応募者は、私のほかにもう1人いました。その後、ラーメン店に足を運びましたが、実現されている様子がないので、私以外にも被害者はいると思います」(Aさん)