もしかして2022年の国民的ヒット曲って、今のところゼロ!?

売れたCDとダウンロードされた曲の違い

 8月中旬現在、今年発売された“みんなが知っている曲”といえば何があるのだろうか。また、すぐに思い浮かぶ曲はなんだろうか。参考までに、オリコン22年上半期のCDセールスランキングは、以下のとおりだ。

1.『ブラザービート』Snow Man
2.『I(CALL 199/We Are)』INI
3.『The Answer/サチアレ』なにわ男子
4.『Actually...』乃木坂46
5.『Lovi’n you/踊るように人生を。』King & Prince
6.『わたし』SixTONES
7.『僕なんか』日向坂46
8.『WANDERING(僕らの季節/Prologue)』JO1
9.『共鳴』SixTONES
10.『元カレです』AKB48

 今をときめくアイドルたちがランクインしているが、ファン以外の人が「知ってる!」となる曲は、いくつあるのだろうか。

 ちなみに、ダウンロード数やラジオのオンエア数、動画再生数など、CD売上以外の指標も加えられるBillboard JAPANの上半期ランキングだと、以下のような顔ぶれにガラリと変わる。

1.『残響散歌』Aimer
2.『ベテルギウス』優里
3.『一途』King Gnu
4.『ドライフラワー』優里
5.『なんでもないよ』マカロニえんぴつ
6.『逆夢』King Gnu
7.『シンデレラボーイ』Saucy Dog
8.『水平線』back number
9.『Butter』BTS
10.『Cry Baby』Official髭男dism

 いかがだろうか。

「CDセールスが基準のオリコンは、購買力のあるファンを抱えたアイドルグループの楽曲がどうしても上位を占めてしまうことは、今年に限ったことではありません。ビルボード上位にランクインしている優里の『ドライフラワー』やBTSの『Butter』は、耳にする人も多い曲だと思いますが、『ドライフラワー』は2020年発売でヒットのピークが昨年、その余波のようなものが今も続いています。『Butter』も昨年リリースのロングヒットです。

 純粋に今年リリースした最新ヒットは『鬼滅の刃 遊郭編』の主題歌『残響散歌』で、耳にしたことのある人は多いかもしれませんが、やはりLiSAの『紅蓮華』『炎』ほどの浸透度はない気もします」

 と、あるスポーツ紙記者。