9月19日は敬老の日。ということで、動物園にいる“日本最高齢”のご長寿さんたちが大集合。中には、人間でいうと“120歳以上”に相当するコアラも!

 動物研究家のパンク町田さんによると、

「体の大きな草食動物は寿命が長い傾向にあります。代表格はゾウですね。動物が外敵から身を守る方法としては、肉食動物よりも足が速くなるか、自分も強くなるかのどちらかです。肉食動物よりも体が大きければおのずと勝ちやすくなります」

 人間は男性よりも女性のほうが長生き傾向だが、

「動物も同じです。メスのほうがテストステロン(男性ホルモンの代表格)の分泌量が少ないからといわれています。

 ちょっと極端な例かもしれませんが、宦官(かんがん)は一般男性よりも寿命が長かったそうですし、馬でも(去勢された)せん馬は長生きする傾向にあります」(パンク町田さん、以下同)

野生よりも長生きする理由

 動物園で暮らす動物と、野生動物の寿命に差は?

「基本的に動物園の動物のほうが長生きです」

 南極や北極、砂漠など極端な地域に生息する動物だと当てはまらないケースもあるというが、

「飼育下に置かれた動物は、人間の養護を受けられるので、寿命は延びます。動物園の努力はすごいですよ」

 例えば、加齢によって歯が減ったり、なくなった動物は野生では死ぬしかない。

「でも動物園では食べ物をすりつぶしたり、流動食を飲ませたり、入れ歯を入れたり。非常に細かいケアが施されるので、歯がなくても生きていける。エサにはビタミン剤なども混ぜられているので、栄養バランスもいい。

 その種に対応したワクチンがあれば毎年、接種してもらえるので感染症にかかるリスクもだいぶ減る。昼間は屋外展示されていても、夜は温度調整されたバックヤード(ナイトルーム)でゆっくり睡眠をとることができます」

 キリンは夜、立ったまま寝るという話は有名だが、

「動物園のキリンは、寝っ転がって眠る子もいっぱいいるんですよ。“この環境は安全だ”という認識があるからです。キリンに限っていえば、野生よりも動物園にいるほうが3割ほど寿命は長いですね

 よく“動物は野生にいるほうが幸せだ”と言う人もいますが、一概には言えません。動物園では食に困らず、命を狙われる心配がないことや、スタッフや来園客から注がれる愛情を動物たちはしっかりと理解しています。そんなストレスフリーの環境だからこそ、長寿がかなっているんだと思います」