「“節約=我慢”からストレスをためる人も多いですが、僕の節約は“ストレスフリー”です」とは、会社員ユーチューバーの太朗さん。幼少期に銀行マンだった祖父からお金についての教えを受け、独身時代からエクセルで家計簿をつけて貯金をしていた。会社では経理一筋10年、お金の管理は得意分野だ。

経理マンの節約術

「今の時代、収入を上げるよりも、節約をするほうが簡単なんです。経理畑の性かもしれませんが、貯金の数字が増えていくのを見るのは快感です」(太朗さん、以下同)

 専業主婦の妻と小学生の娘、家族3人で1か月10万円の生活費で暮らしている。

「節約はしますが、無理はしません。ほとんど家で食事をするため、食器などは多少高くても本当に気に入ったものを選び、お金を使うのと削るのにメリハリをつけています。最近では北欧の器がお気に入りですね」

「少ないお金で豊かに暮らす」が太朗さんのモットー。住宅ローンを完済し、現在の貯金は3700万円以上に。毎年、450万円の貯蓄を継続している。

 月10万円生活のきっかけになったのは、結婚後購入した5500万円のマイホームだった。預金で頭金2200万円を用意したものの、残りの3300万円は、35年ローンを利用することに。

「住宅ローンには利息や手数料がかかりますが、僕の場合、利息だけで1000万円以上となる計算。これは節約して繰り上げ返済しないともったいない!と思いました」

 住宅ローン減税の期間(10年間)の完済を目標に設定。そのころの月収は約30万円。住居費以外の生活費予算は10万円以内と決めた。

 太朗さんは生活費を大きく「固定費」と「贅沢費」の2つに分けている。

「贅沢費はお小遣いや趣味など、暮らしを豊かにするための支出。固定費は切りつめていても、このお金があることで心に余裕ができますよ」

 27歳から住宅ローンを差し引いた月の生活費を8万4500円にしてやりくりした。

「食材などは僕が週末にまとめて購入し、お金を使う機会を減らすことを心がけました。支払いは基本、楽天のクレジットカードにして楽天ポイントを貯めています。節約で貯めた分とボーナスを繰り上げ返済に回し、8年間で住宅ローンを完済しました」