《これまでの僕の歴史やスケート人生そのものを感じていただけるようなものを、という思いから、アイスショーを企画しました》

 9月30日に羽生結弦のワンマンアイスショー開催が発表された。

「タイトルは『プロローグ』です。11月4、5日に横浜公演、12月2、3日には八戸公演が行われます。羽生選手の公式Twitterには、国内外のファンから喜びの声が寄せられ、チケットは相当な争奪戦になることが予想されます」(スポーツ紙記者)

 まだ横浜公演のチケットの抽選が始まったばかりだが、すでに宿泊先の確保に動いているファンも多い。

「特に八戸はホテルの数が多いわけではありませんから、チケットの抽選前に宿泊先の予約をしているようです」(同・スポーツ紙記者)

 ホテルも争奪戦になっているようだが、その予約を巡ってある騒動が起こっている。

5000円の宿泊料が10万円ほどに価格が吊り上げられて…

ホテルを確保したはずなのに、予約完了の数時間後に、なぜかホテル側から一方的に予約をキャンセルされたという声がSNS上で相次いでいるんです。なんでも、“サーバーダウン”が原因だそうで……」(羽生のファン)

 声をあげている予約客の多くは、羽生のアイスショー開催が発表された直後に予約をしていたという。

 こういったホテルは1つだけではないようだが、特に問題になっているのが『ホテルセレクトイン八戸中央』だ。

1泊1室1名5000円程度の部屋がホテル側からの予約キャンセル後に、10万円ほどに価格がつりあげられています……。これをインフルエンサーの滝沢ガレソ氏がTwitterで取り上げると、瞬く間に大炎上。ホテルのGoogleの口コミには、次々と低評価がつけられる事態になっています」(旅行ライター)

1泊10万円ほどに宿泊代が釣り上げられた『ホテルセレクトイン八戸中央』の室内(HPより引用)

 そこで『週刊女性』が『ホテルセレクトイン八戸中央』に問い合わせると、電話に対応したのはホテルの支配人。

その件に関しては私どもの店舗では取材はお受けできません。(ネット上に)出ているとおりではなく、事実無根なところが多いのですが、私の口からは言えない部分が多いので、コメントは差し控えさせていただいております。ホテル側で勝手にキャンセルとかができるわけではないので、そういうことはいっさいございません