炎上続きの日本一周企画を終えた13歳のユーチューバーで少年革命家のゆたぼんが、新たな挑戦を表明した。

ボクシングイベントに出場、SNSで意気込み語る

「来年1月21日に新宿FACEで開催される『HEARTS』というボクシングイベントがあるのですが、スペシャルエキシビジョンマッチの1つとして、ゆたぼんの出場が明かされました」(ネットニュース編集者)

 通算成績3勝9敗で引退した元プロボクサーの星野真生氏が企画。弱くても挑戦し続ける彼の姿を子どもたちに見せることで、「親のいない子や自殺を考えた子などに勇気を与えたい」と、クラウドファンディングで資金を集めて開催するイベントだ。

ゆたぼんも同じく不登校児たちに“元気と勇気を与えたい!”と活動を行っていることで、企画の趣旨にピッタリだと星野氏からオファーしたようですね」(同・ネットニュース編集者)

ゆたぼんは日本一周の最中、各所のボクシングジムに立ち寄っていた(本人のTwitterより)

 11月22日には自身のツイッターで、

《俺よりボクシング歴が長くて強いヤツじゃないと面白くないから、そうじゃないと戦わへんで 年齢も同い年以上じゃないと受け付けへん!!強いヤツと戦わへんと意味ないから 俺の対戦相手は強いヤツ!!出てこいや》

 とツイートしたゆたぼん。しかし星野氏のフェイスブックでは、

《中学生以下、体重40キロ以下。身長150センチ以下(できれば)。ボクシングなど格闘技経験1~2年》

 と、ゆたぼんの対戦相手が募集されていたことが判明。今年8月に行われた素人の格闘技イベント『訳あり』では、ボクシング歴はあるものの小学2年生の男児と対戦していたため、今回の相手も「どうせ格下の小学生でしょ?」と疑問視する声が上がっている。

「前回の試合は年齢差があるということで、ゆたぼんは第1ラウンドは防衛のみ。2ラウンド目は左腕だけで戦うハンディキャップマッチになりましたが、勝敗は判定にもつれ込み、ギリギリでの勝利でした」(スポーツ紙記者)