日本代表の冒険は、過去4回の優勝を誇る強豪国・ドイツを下す“ドーハの歓喜”から始まった。

 日本時間11月23日に迎えたサッカーW杯カタール大会のグループリーグ初戦。“サムライブルー”の戦士たちは前半にペネルティーキックでドイツに先制されたものの、後半になって森保(もりやす)一(はじめ)監督の采配がズバリ的中。攻撃陣が躍動し、2点を奪って、勝ち点3を掴み取った。

 12月2日のグループリーグ最終戦で“無敵艦隊”の異名を持つスペインとの大一番が待っている。勢いをつけてグループリーグを突破するための重要な一戦となるが、日本代表の快進撃の裏で、注目を集めている男がいた。

《本田の解説》がトレンド入り

「W杯の全試合生中継を行なっているインターネットテレビの『ABEMA』での、本田圭佑(けいすけ)選手の解説が話題です。日本の攻撃を阻む選手を名指しで“ウザい”と言ったり、ボール争いの際に後傾姿勢で走る相手選手について“今のは絶対、性格悪い、バカにした走り方”と発言するなど“本田節”が炸裂。ツイッターでは《本田の解説》がトレンド入りしました」(スポーツ紙記者)

 森保ジャパンにいる本田の“親友”もまた、注目を浴びている。

日本の得点に喜ぶ長友ら代表のメンバー(長友インスタグラムより)
日本の得点に喜ぶ長友ら代表のメンバー(長友インスタグラムより)

「ともにイタリアのリーグでプレーした長友(ながとも)佑都(ゆうと)選手です。今大会で4度目のW杯。献身的なプレーもさることながら、初戦後のテンションが1人だけ異常に高くて話題になりました。“みんなブラボー!”“ありがとう、ヨッシャー!”と大興奮で叫んでいたのです。'18年のロシア大会では髪を金色に染め、今大会では赤色に。いろんな意味で“話題になる男”ですね(笑)」(同・スポーツ紙記者)

 そんな長友を中学校時代に指導した恩師の井上博さんは、彼の人柄をこう語る。

「明るく場を盛り上げる力があって、人の懐に入るのがうまい。今のキャラクターそのままです。サッカーの実力を別としても、チームの中心にいる太陽みたいな子でした。僕の息子が病気になったとき“先生の息子さんのために頑張ってあげるけん”と言ってくれた。髪を染めたりするのも“批判の声もいい声も、全部自分が受け止める”という覚悟でやっているのかなと」