業界内での立場を利用してあんな卑劣なことをやっておきながら、またお金をとってワークショップをするなんて、信じられません……

 舞台関係者が不快感をあらわにするのは、ある男の“再始動”について。2022年3月に世間を大きく騒がせた性加害報道の当事者、映画監督の榊英雄だ。

 榊は、複数の女優に対して性行為を強要した疑惑が『週刊文春』の報道によって発覚し、その後2本の監督作品が公開中止に。女性を路上の暗がりに連れ込んで暴力を振るったことやSNSで卑猥なメッセージを送っていた様子などが生々しく報じられた。

 所属事務所を通じて謝罪コメントを発表したが、関わった作品のスタッフや観客に謝ることを優先して、被害女性を後回しにしたような姿勢に非難が集中。翌4月には、当時結婚していた妻であるシンガー・ソングライターの和こと橘いずみが、榊との離婚に向けて別居協議中と発表。

《家族がありながらの夫の行為に対して許せないものがありました。一度も榊を許したことはありません》

 と、その蛮行を痛烈に批判。5月末に離婚が成立していた。

右端が榊英雄監督で、左端が妻の橘いずみ
右端が榊英雄監督で、左端が妻の橘いずみ

“悪夢”の温床にもなった「ワークショップ」が再び

 以降、すっかり表舞台から姿を消した榊について、昨年11月にはこんな話があった。

離婚して、ひとり暮らし用のマンションに引っ越した榊さんが、フードデリバリーのアルバイトをしていると聞きました。その後、本人に直接会えたわけではないので、実際の様子まではわかりませんけど……」(榊の知人)

 映画監督としては“失職中”の状態だったが、ここにきて冒頭の“復帰計画”が動き始めているという。

 週刊女性がキャッチしたのは、榊が起こした“悪夢”の温床にもなった「ワークショップ」に関する情報だった。

若手やフリーランスの役者を中心に“映画を作るので、ワークショップを開催します”というメールを送っているんです。そのメールを受け取った中には“この期に及んでワークショップなんて……”と、唖然とした人もいるみたい」(前出・舞台関係者)

『文春』の報道では、榊が監督する作品への出演を餌にして、ワークショップに参加した女優に性加害を働いていたことが明らかになっている。