出入りする人の影「トイレには大便がしたままに」

(写真上)現場建物は草木が生い茂り、夜は不気味な雰囲気に(写真下)中には当時のイスなどが置かれていた
すべての写真を見る

「誰かが廃屋に入って行ったって話を聞いたことがありますね。閉店してから窓が割られたり、不法投棄がされて、所有者がフェンスを張ったみたいだけどね」(別の住民)

 一部地元で目撃されていた「元ラーメン店に出入りする人の影」。

 建物の近くに畑を所有する地元女性は、

「誰かが出入りするところは見たことないけどね。建物のフェンスの中の草が踏みつけてあったから、誰か出入りしているんでねぇかなぁとは思ってたんだけどね。どうせホームレスとかだろうよ」

 と推測する。

 前出の元店員も、廃店舗に人の気配を感じたことがあったと、次のように証言する。

「今から15年以上前かなぁ。店を閉めてから誰か居ついていたらいけないからって、当時の常連さんと店舗の中を見に行ったことがあったんですよ。入り口の窓ガラスは割られていて、鍵が開いていてね。

 トイレには大便がしたままになっていた。誰かがいたみたいな様子でしたけどね」

 ラーメン店に頻繁に通っていたという近所の住民は、

「3〜4年前だけど、毎日、朝5時ごろに、うちの前を通って店舗の方向に歩いて行って姿を消す人がいたんだよ。コンビニの袋か何かに残飯なんかを入れて、髪もボサボサでガリガリにやせてね」

 ここしばらく、そのホームレスの姿を目にしなくなっていたという。

 ニュースで遺体の発見を知ったという地元自治会長は訴える。

「やっぱり空き家ってのはよろしくないですから、管理する人を見つけるなり、お店をやる人を見つけてもらうなりしてほしいですね。それも難しければ、やはり解体して更地にしてもらいたい」