"女王"対決も勃発!

 その一方で、彼女とともに'80年代のアイドル全盛期を支えた松田聖子は、今年もクリスマスディナーショーを行う予定。チケット代も、中森明菜の最高額5万円からは500円値が下がるものの、S席はチケット1枚4万9500円の高額ランキングの上位をマーク。今も“ディナーショーの女王”の名を欲しいままにしている。

「聖子のディナーショーに行くファン層は、ショーだけでなく当日に着ていく服に気を配ったり、料理を楽しむなど、毎年恒例のプレミアムなお楽しみ、という感覚で参加していると思います」

 同じディナーショーでも、“復帰”というファンの期待を背負っている中森明菜とは、その意味合いが異なるのだ。

「やはり明菜と聖子といえば、インパクトのある存在感やスキャンダルの大きさを含めても、芸能界を代表する2大巨塔。

 どちらも、高価だが、それぞれのファンにとって特別なディナーショーであることには変わりないでしょうね」

 キャスティングや内容によって、ホテルの色が出るのも、ディナーショーのおもしろさなのかもしれない。芸能人の稼ぎ時といわれる年末ディナーショー。主催のホテルにとっても、他社との差別化を図る狙いもあるとか。

「しかも、お客さんにとっても至近距離で大好きなアーティストの生歌を堪能できる絶好の機会。プレミアムな空間を楽しんだ者勝ちですよ」(前出・渡邉さん)

 それではさっそく、ランキングを見てみましょう! まずはトップ21〜40位まで!