そもそも、おふたりの結婚が延期となったのは、圭さんの母親・佳代さん(51)の「金銭トラブル」が原因だとみられている。いまだに小室さん親子は、元婚約者の男性に対して400万円超の「借金」を返していない。

アメリカでの弁護士資格取得、その意味は

アメリカ留学の報道から一夜明け、勤務先に出勤する圭さんはこの笑顔(6月29日)
すべての写真を見る

 そんな圭さんがアメリカで弁護士資格を取得するのには、いったいどんな“意味合い”があるのだろうか。『弁護士法人・響』の徳原聖雨弁護士に話を聞いた。

「アメリカで弁護士資格を取得しても、日本で活動することは基本的にはできません。ただ、日弁連に登録すると、仮にニューヨーク州での資格があれば、ニューヨーク州に関することだけなら扱うことができます。とはいえ、アメリカで資格を取得したら、その州で働く方が多いです

 アメリカで仕事をしながら、現地で眞子さまとの結婚生活を送ることを思い描いているのだろうか。さらに気になるのは、アメリカ留学の費用だ。

「アメリカのロースクールには、1年間と3年間のコースがあります。1年コースは、他国の法学部やロースクールを卒業している人たちなど、ある程度の法律知識がある学生が入るもので、3年コースは法律をイチから勉強する人たちが入学します。小室さんは3年間の留学なので後者のコースなのでしょう。

 アメリカのロースクールの学費は年間で400万~500万円くらいだと言われています。3年コースだと、少なくとも1000万円は超えると思いますよ」(徳原弁護士)

 勤務先に支援してもらえるとはいえ、高額な学費がかかることから圭さんの“本気度”がうかがえる。

 しかし、ある皇室ジャーナリストは、圭さんのアメリカ留学に疑問を投げかける。