「あの男、最初はシラを切ったんです。“そんな猫は知らない”とか“エサをあげて逃がした”などと言って。でも、モコオを連れ去った車のナンバーは間違いなく男のもの。動物保護団体に同席してもらい時間をかけて問い詰めると、ようやく“殺した”と小さな声で認めたんです。“連れ去った4日後に死んで、用水路に捨てた”って

少なくても50匹以上は殺害した

 富山県西部に住む上田義之さん(仮名)家族は、愛猫が遺棄されたとみられる幅約1メートルの用水路脇でそっと手を合わせた。モコオ(3歳オス)は家族の一員。死骸はまだ見つかっていない。

アメリカンカールのモコオ君。以前はきかん坊だったが最近はすっかり人懐っこくなっていた(飼い主家族提供)

 上田さんが勇気を振り絞って“直接対決”して自供に追い込んだことで、この地域の猫が大量に連れ去られた事件は明るみに出た─。

 モコオを上田さん宅から連れ去ったとして富山県警射水署は13日、富山市在住の無職・新村健治容疑者(52)を窃盗の疑いで逮捕した。

「約1年前から飼い猫など10数匹を連れ去って殺害したと供述し、容疑を認めている。容疑者宅からは猫が1、2匹入るサイズの金属製のオリや、猫を突ついたとみられる園芸用の金属棒などを押収した」(捜査関係者)

 富山県警には昨年157件、今年89件にのぼる猫の「遺失物届」があり、そのすべてが新村容疑者の仕業ではないにせよ、相当数の猫を虐殺した可能性が浮上している。

 前出の上田さんの話。

新村容疑者に殺害した猫の数を尋ねると、50匹以上で100匹まではいかないということでした。明確な数を覚えていないのか罪の意識もなくめんどくさそうにウンウンとうなずき“あしたの朝、仕事で早いから”と追い返そうとするんです」

 同席した動物愛護団体「しっぽのこころ」の宇多利美代表らによると、新村容疑者は連れ去ってきた猫に熱湯をかけたり、水しか与えず餓死させたり、殴る蹴るなどの暴行を加えたと認め、犯行動機についてこう打ち明けた。

「仕事のストレス発散。ひとり暮らしで誰も相手してくれなかったから。(猫を殺して)正直、興奮した。苦労して捕まえてきたのにすぐ死んでしまったら面白くないから……ニャアニャア鳴いているのを聞いて楽しんでいた。死骸は用水路や漁港に投げ捨てた」

 おどおどした口調ながら、悪びれる様子はいっさいなかったという。