松原が奇妙な写真を撮り、動画配信ができなくなってしまったという橋。ここに来るまでには、いわくありげな真っ赤な祠もあり、不気味な雰囲気が

 行ってはいけない、と言われると余計に気になる心霊スポット。アナタも週刊女性記者とともに、深淵を覗いてみませんか……

東京・滝山城跡
お花見スポットの不気味な“真実”

 滝山城は1500年代に建てられた日本の城だ。北条氏照によって改修されたが、武田信玄との戦いで落城寸前まで追い込まれ、八王子城を築城するきっかけになった。

「八王子城に比べると悲惨な歴史はないのですが、心霊現象がよく起きる城だといわれています」

 と、“事故物件住みます芸人”の松原タニシは語る。実際、彼も、ニコニコ生放送で女性声優と動画配信をしながら滝山城跡に向かったとき、心霊現象にあったという。

「僕のスマホで写真を撮っていると、普段は『ピロン』というシャッター音が鳴るんですが、たまに『カシャ』って違う音が鳴ったんです。モードを切り替えたりしていないのに……。不思議に思って確認したら『カシャ』と鳴ったときの写真にだけ得体の知れない緑色の光がボワンと写っていたんですよ。結局、それが何かはわかりませんでした

 その写真を撮ったあたりから、配信用の機材の調子がおかしくなり放送できなくなってしまったという。心霊スポットではよく機材トラブルが起きるといわれるが……。

 実際に滝山城跡に足を運んでみた。週刊女性記者が向かったのは日中だったが、城への入り口は、竹やぶの中の細い未舗装の道で薄暗かった。電灯もないので夜中は真っ暗だろう。

 松原が奇妙な写真を撮った現場に着いた。そこには橋があり、新しく架けられたものだった。近代的なしっかりした橋だったのだが、渡っているとなぜかグニャリと平衡感覚が歪んだ気がした。

 松原は「悲惨な歴史はなかった城」と語っていたが、調べてみると武田軍との戦いでは多くの戦死者が出ている。城の周りには無数の死体の骨が埋まっているそうだ。また近年では、たびたび自殺する人も現れている。そのため心霊スポットとして有名になっているようだ。

 ただ観光地としても知られていて、春になると5000本の桜が咲き乱れるお花見スポットになる。しかし“桜の樹の下には死体が埋まっている”のかと思うと、ゾッとしてしまう。

 城があった場所はただただ広い空間になっていた。当時から残っているのは古井戸くらい。鎮魂のためなのか、石碑が2つと神社が建てられていた。

 本丸址、中の丸址、千畳敷址と名前は残っているが実際には何もない土地。ここには兵どもの“念”だけが残っているのだろうか。