抽選で選ばれた一般市民6人が“裁判員”となって、3人の裁判官とともに刑事事件を裁く『裁判員制度』が2009年に施行されてから10年が経った。これまで9万人以上が1万2000件以上の事件を裁いてきたが、1年間で裁判員(と補充裁判員)に選ばれる確率は約1万1000分の1~1万3500分の1。これはゴルフでホールインワンが出る確率と同程度だ。

裁判員が選ばれるまで

 奇跡に近い確率で選ばれ、実際に裁判員として法廷に出た人たちの感想は、「非常によい経験と感じた」が59・9%、「よい経験と感じた」が36・8%、「良い経験とは感じなかった」が2・3%でその他が1%と、大多数がプラスの印象を抱いている。

 週刊女性では裁判員に選ばれた5人の方々に、選出時の心境や実際に裁判員を経験した、もしくは辞退したからこそみえたもの、気になった点などを直撃インタビュー。はたして彼・彼女たちは心に何を抱いていたのか──。

ケース1:裁判員に「参加」/佐伯理子さん(仮名)

【東京都・50歳・会社員 家族=夫と息子】

◆最初の通知は?
 “特別送達郵便”で裁判所から封筒が届いたので、「私、何かやっちゃった!?」と驚きました。「基本的に辞退できない」と聞いていたのですが、“育児や介護がある場合は辞退できる”とていねいな説明が書かれていました。

◆家族・職場には?
 家族の前に上司に相談しました。というのも、ぜひ参加したかったから。事前に上司と会社の承諾を取りました。

通知書類には上司向けの説明書類も

◆選任手続の様子&心境は?
 20人ほどの候補者と一緒に説明ビデオを見た後、係員から、「辞退したい方はアンケートに記入してください」と。「まだ辞退できるの!?」と驚きました。数名、別室に呼ばれた人がいたのですが、そこで辞退したのだと思います。残った人で裁判員6名と補充裁判員2名を選ぶ抽選。当選確率は3分の1くらい。担当事件が殺人事件ではなかったので、正直ホッとしましたね。被告人や証人と関係がないか聞かれた後、宣誓。「一生懸命やろう」と急に緊張感と責任感がわきました。

◆実際の裁判は?
 わかりやすかったです。法廷では裁判官と並んで座り、服は自由でしたが帽子やサングラスはダメ。「顔を覚えられたら嫌だな」と思ったので、着用可だといいな、と。

◆補充裁判員は何をするの?
 補充裁判員の2人は私たちの後ろに座って同じように出廷します。途中で交代が必要になったときに、公判の内容を裁判員と同じように知っておく必要があるからでしょう。発言は裁判官を通して。

◆証拠写真はスゴかった?
 殺人事件の裁判ではなかったこともあって、証拠写真は目を背けたくなるようなものはなかったですが、加工されたものもありましたね。

◆評議は素人でも大丈夫?
 裁判官と裁判員で評議して無罪か有罪か? 有罪の場合は刑の重さを決めます。最初に証拠や証人尋問の考え方をレクチャーしてもらい、刑罰の重さの考え方など、だんだん深いほうへ進む感じ。裁判官は、とても柔らかい雰囲気でした。裁判に関係する質問はもちろん、評議以外のときには、興味本位の質問にもちゃんと答えてくれましたし。

◆休憩時間&食事は?
 休憩時間は“私語厳禁”なんてことはなく、スマホの使用もOKで電話やLINEも制限なし。裁判所内の撮影だけNGでした。昼食は自分持ち。お弁当持参でもいいし、裁判所で500円くらいの仕出し弁当も頼めました。評議室の冷蔵庫内の水とお茶は飲み放題。裁判官の方々とランチもしました。霞ヶ関にある省庁の食堂へみんなで歩いて行って。めったに来ない場所へ案内してもらえて、裁判官の方々と話ができて。裁判官も「普通の人だな」と(笑)。

◆日当や交通費は?
 7日間(うち2日間は半日)参加して、交通費込みで約5万4000円。書類にも〈日当は8000円以内〉と記載されています。面白かったのは交通費の計算。交通費は住んでいる場所の最寄り駅からの電車賃が支払われましたが、自宅から最寄り駅までの徒歩は、移動1キロにつき37円と細かく計算された金額が支払われました。

◆参加した感想は?
 やはり責任も大きくて大変でしたが、本当にいい経験でした。「もう1度やる?」と聞かれたら迷いますが(笑)。