容疑者を治療しないと死ぬまで猫を集める

 北口容疑者一家を知る古参住民によれば、

「母親は雄一を溺愛し、甘やかしていました。結婚は2回。最初の奥さんとの離婚後、お子さんは施設に入ることになりました。それじゃかわいそうだからと雄一の両親が引き取り、養子にして育てていました。お母さんは20年前くらいに亡くなりましたが、雄一はお葬式にも来ませんでした」

 保護された猫たちは県動物愛護支援センターが保護しているが、北口容疑者は、「足利警察署に猫を返すように頼んでいる」と力説する。そして、

「里子に出せば虐待や遺棄されるかもしれない。猫が安心して暮らせない。俺には受け入れる経験も土壌もある」

 と一歩も引かない構えだ。

足利市の自宅の周りはおびただしい数の猫缶やゴミがあふれており、ハエも飛んでいた
すべての写真を見る

 前出・動物保護活動ボランティアは、無力感を口にする。

「今の日本の法律では、彼が所有権を放棄しない限り、猫は彼のものです。海外ではアニマルホーダーを規制する法律があり、緊急保護もできます。でも日本にはない。虐待する人にまた返すなんて……」

 と法整備の必要を訴える。

 前出・元ボランティアは、

「彼を治療しないと死ぬまで猫を集めるでしょう」

 とこう断言する。

「猫たちの地獄は続くことになります」