「最初は猫が好きな人だと思っていました。猫が7匹に増えアパートが狭くなったときは、家を紹介したり、エアコン代や猫のケージ代、家賃、光熱費を工面したこともあります。彼は言っていることとやっていることが違う。今は、だまされたと思っています」

 栃木県警足利署は11月28日、足利市の無職、北口雄一容疑者(58)を、動物愛護法違反の疑いで現行犯逮捕した。逮捕容疑は、猫の死骸が放置された家で、37匹の猫などを飼育、虐待したというもの。冒頭の発言は、容疑者の知人・Aさんの後悔の念だ。

近所の人が洗濯物を干せないほどのにおい

 猫たちの虐待現場になったのは、足利市内の住宅街にある北口容疑者の自宅。

「あの家の前を通るときは、鼻を押さえないと歩けないほど、においがすごかった。近所の人は洗濯物も干せない、って困っていました。

 今年の夏はノミが大発生して、家の前の道路でもぴょんぴょん跳ねていたほどです。ノミに食われて足がパンパンになったご近所さんもいます」

 と周辺住民は困り果てる。

 栃木県内で動物保護活動を行う関係者は、北口容疑者を要注意人物とみていた。

「埼玉県深谷市から足利市に引っ越してきたことは知っていました。深谷市で住んでいた借家は劣悪な環境で、猫の死骸も大量に出てきたと聞いていましたので……」

 2016年11月、北口容疑者は、深谷市長脅迫容疑で逮捕されている。その際、留守宅に置き去りにされたのが、120匹ほどの猫。

 2017年3月、家賃滞納で退去を求められ、強制執行。猫を保護するため立ち会った愛護団体スタッフに家の中の様子を聞くことができた。

 容疑者は当時70匹ほどいた猫を連れて逃げた後だった。執行官やスタッフが防護服を着て室内に入ると、そこは排泄物の山。窓には猫が逃げられないように頑丈な柵。ケージはクモの巣だらけ。ハエ取り紙にはハエがびっしり。

「臭気で目がしょぼしょぼして、息ができないくらいでした。アンモニア臭、排泄物のにおい、それに死臭です」

 猫の死骸が10匹以上、入った段ボールも発見された。

2017年の強制執行時の深谷市の自宅。室内には砂をまき、排泄をさせていたという。原型をとどめない死骸も発見された。猫は隠れていた1匹だけが保護された(関係者提供)