ジャニーズのデビューといえばバレー

 またジャニーズの新グループ結成&お披露目というと、近年ではワールドカップバレーとの関わりが深い。まず、1995年にそのイメージキャラクター第1弾として結成されたのがV6。V6のあとを受け、1999年に結成されたのが嵐。ハワイ洋上のクルーズ船で行われたデビュー会見は、多くの人の印象に残っている。

デビュー当時の嵐
すべての写真を見る

 その後、'03年のNEWS、'07年のHey! Say! JUMP、'11年のSexy Zoneと、「バレーデビュー」とされるグループが4年おきに誕生した。

「バレーデビューを飾るグループは、その時代の人気Jr.からの選抜メンバーとなっていました。直前まで一緒に活動していたユニットが、事実上解体されることになるわけですから、その都度ファンにも衝撃が走ります。タッキーや生田斗真といった人気者が、嵐やNEWSに選ばれなかったりもしました。

 Hey! Say! JUMPも、限定デビューしていたユニットHey! Say! 7に、Ya-Ya-Yahという当時の人気ユニットから薮くんと八乙女くんをピックアップして結成しました。Sexy ZoneもB.I.shadowというグループから中島くんと菊池くんの2名が選抜されました。応援していたJr.が選ばれても、選ばれなくても、悲しみにくれるファンが多数いたようですね」(芸能記者)

 2015年には新グループのバレーデビューが期待されたが、Sexy Zoneが続投。昨年からは'14年にデビューずみのジャニーズWESTが就任している。

バレーの試合会場に、彼らのパフォーマンス目当てで来るファンが多く、ろくに試合を見ないと問題視されたこともありました。バレーそのものの人気や成績の低迷との関係はわかりませんが、以前ほど大きく力は入れなくなったのかもしれません。

 後年のジャニーさんは、どちらかといえばテレ朝の夏イベントに出演するJr.のに情熱を注いでいたようです。近年はHiHi Jetsや美 少年を中心に、かつては現在のキンプリがメインだったこともありました」(同)