「4月26日の夜のライブは中止にして、東京都の要請に沿って動画配信のライブを私と妻だけで店内で収録していました。その最中に“ライブを自粛しろ”というビラを貼られてしまいました」

 そう話すのは、古着店やライブハウスが立ち並ぶ若者の街・高円寺(杉並区)のライブバー『いちよん』の店主・村田裕昭さん(41)。

《次発見すれば、警察を呼びます。 近所の人》

 という陰湿な貼り紙をされたことは、テレビなどでも報じられた。

一方的に貼られた張り紙

「いちよん」の村田さんは「近所ならこういう形ではなく、面と向かって堂々と話をしてほしかった」と話す

 新型コロナウイルスの蔓延で外出や営業の自粛要請が続くなか、それに従わない人々や店舗を取り締まろうとする一般人による“自粛警察”の存在が問題になっている。

 営業中のパチンコ店に猛抗議したり、他県ナンバーの車があると暴言を浴びせたりする自警団的な行為もそのひとつだろう。

 各地の飲食店でも嫌がらせの電話を受けたり、誹謗中傷のビラを貼られたり、インターネット上で晒されるなどの被害が広がっている。

 しかも、実際には“自粛破り”をしているわけではなく、一方的な誤解や誤認によることが多い。

 高円寺では4月23日にも2件の事件があった─。

《態々カーテンで目隠ししてまで営業して協力金請求しようと思ってませんよね?》《これで請求したら詐欺罪か偽証罪になりますよ》

 という貼り紙を貼られたのは先のライブバーから400メートル離れた、あるビストロ。

ビストロの店主は警察に通報。店の前には防犯カメラがあり、犯人や犯行の様子が記録されている可能性も

「一見さんはお断りして、いまはほとんど営業はやっていません。それでも近所の常連さんに頼まれたときだけ作って料金をいただき、余った材料で作るときはただで食べてもらっています。

 20時以降はカーテンを閉めて、ほんの身内でやっているのに、それを闇営業と言われるのは心外です」

 と店主は説明する。この店は5月1日の未明には、ガラス2枚を割られる被害もあり、10万円以上の損害だという。

 貼り紙だけでも「威力業務妨害」「名誉毀損」「脅迫」に問われる可能性があるが、窓の破壊は「器物損壊」や「建造物等損壊」も問われかねない犯罪行為だ。