老け顔の大敵、シミ。日ごろからケアしていると思っていても実は見落としているのが“横顔シミ”。40代、50代の女性は、顔全体のシミを5割以上も認識していないという調査結果が──。真夏に紫外線がピークを迎える前に、横顔シミを増やさないためのケア法と、シミ対策で注目の野菜・ケールを要チェック!

認識している倍以上の数のシミが横顔に

 鏡で顔を見たとき、年齢とともに気になるのがシワ、たるみ、シミ

 特にシミは老け込んだ印象を与え、なかなか消せない厄介なもの。この老化の象徴ともいうべきシミのスキンケア「ケシミンクリーム」で知られる小林製薬の調査によると、シミの数は正面よりも横顔にできる“横顔シミ”がダントツに多いという。

 同調査で40代~50代の女性60人に、自分のシミがどこにあるかわかるかを聞いたところ、全員が「わかる」と回答。しかし、そのうち直径6ミリ以上の大きなシミがあった46人の女性に、自分のシミをどれくらい認識しているか聞くと、実際に顔にあるシミの個数に比べ、認識している個数は半分以下。

調査方法:正面と横顔の大きなシミの数を計測。顔面を上の図のように10区画に分け、正面顔を1~6、横顔を7~10と定義。各部位において6mm以上のシミの個数を計測 出典:小林製薬 イラスト/スヤマミヅホ

 自己認識とのギャップが明らかになり、自分が認識している倍以上の数のシミが、他人には見えている可能性がある、という恐ろしい結果が浮き彫りに。確かに通常、鏡で顔を見るとき正面は見るが、横顔は三面鏡を使うなど、意識的に見ない限り、見落としがち。

 まいこホリスティックスキンクリニック院長の山崎まいこ先生によると、「加齢による老眼や白内障などで、自分の顔のシミが見えず、気づかないことも白内障の手術をして、よく見えるようになった途端、美容に目覚める方もいます」とのこと。