ADHDのコタくん(10歳)は写真家のかーちゃん、ヘアメイクアップアーティストのとーちゃん、猫の金太郎との4人暮らし。“かーちゃん”であるカワムラヒサコさんがコタくんの成長の日々をつづった『さんかくの本 ADHDの子育て』(秀和システム)は、 ADHDのお子さんがいる親御さんはもちろん、子育て中の全ての人に向けたクスッと笑えてホッと安らげるお守りのような本になっています。 今回は、本の一部を紹介。子育てが楽しくなるようなヒントが隠れているかもしれません。

まずは親の固定観念を一旦リセットする

 息子のコタはADHDです。

 ところで皆さんはADHDって知っていますか?

 ADHDとは脳の発達障害のことで、注意欠陥多動性障害とも言われています。約5%(※1)のこどもがADHDと診断されていて、男児は女児より3から5倍(※2)多いそうです。

 個人差はありますが、

・課題や活動を順序立てることがむずかしい
・日々の活動の中で忘れっぽい
・物事に集中できる時間が短い
・不適切な状況で走り回ったり高いところに登ったり落ち着きがない

 などの多動・衝動性が特徴と言われています(※3)。

 でも、かーちゃんはこう思っています!

A=あれもこれも気になる→好奇心が旺盛!
D=できること・できないこと→分かりやすいのでサポートがしやすい!
H=ハイテンション→いつでも元気!
D=だれにでも話しかけられる→思ったことはすぐに実行する行動力!

とーちゃんに肩車してもらっていたら……どんどんズボンがズレてお尻が出てしまったコタくん。注意する前に写真を撮るかーちゃん 撮影/カワムラヒサコ

 コタとの暮らしは、にぎやかそのもの。

 一緒にいるとたくさんのことを学びます。

 まずは親の固定観念を一旦リセットして、家族みんなでコタと自分たちの可能性を、もっともっと伸ばしてみることに決めました。

※1〜3 国立精神・神経医療研究センターHPより(2020年1月)