テレビや舞台のみならず、今年6月にはYouTubeチャンネルを開設するなど、50歳になってもますます活躍の場を広げるキャイ〜ン。来年コンビ結成30周年。なのに話を聞くと、まるで新婚のような親密ぶりだった……!

衝撃の出会いからコンビ結成へ

 来年、芸能生活30周年を迎えるウド鈴木、天野ひろゆきによるお笑いコンビ・キャイ~ン。“芸能界きっての仲よしコンビ”として有名だが、その仲よしっぷりがハンパない。

 世の中、“表では仲よし、でも実は裏では……”なんて話もあるが、ふたりの絆にはうそ偽りがない。その秘訣を聞くと、天野ひろゆきは、「なにも期待しないことですかね」と話し、それを受けてウド鈴木が「僕はめちゃくちゃ期待しています」と返して笑い合う。なんて微笑ましい!
 

1991年の結成当初のアーティスト写真。

 結成は1991年。当時、20歳の2人だが、ウドが1年早く事務所の浅井企画に所属していた。

天野 出会った瞬間のことをずっと覚えている人ってなかなかいないと思うんですけど、この人はものすごくインパクトがあったんですよ。

ウド 僕が遅刻したからですね。

天野 遅刻ったって、フツーじゃないんですよ。8時間くらい遅れてきたんですから。あの日は浅井企画の若手芸人の決起集会だったんですけど、さんざんみんなで話し合って、さぁお開きって瞬間に部屋に入ってきて。

ウド 連日のバイトで睡魔に負け、すこやかに寝ちゃってました、どうもすみませんでした!

天野 睡魔に勝ったことなんてないでしょ?

ウド はい、すいません。僕も天野くんのことをよく覚えてます。“ずん”の飯尾さんとか浅井企画のみんなは、“何時間遅れてんだよ!”ってツッコんでくれたんですけど、そんな中で、僕の目の前を無言ですーっと通り過ぎていく影が……。はい、それが天野くんでした!

天野 だって、あんまり関わりたくなかったんだも〜ん、8時間も遅れてくるような人。しかも、ペイズリー柄のジャンパーに白いスラックスをはいて、まるでチンピラみたいだったし(笑)

ウド 関わりたくないから、それがまさかの30年。

天野 だから1回目の印象は危ない人だったね。で、2回目は、危ないけどおトボけのおもしろい人と興味が湧き、3回目に会ったときに、この人を利用してやろうと。こう話すと僕が悪い人みたいだけど、そうさせるウドがいけない(笑)。2回目なんて、僕が話しかけたら、“鼻クソほじってるときに話しかけないでよ〜”って言いながら、両手で鼻クソほじってましたから。

ウド 時短です。

天野 そんな時短するほど、忙しくなかったでしょうに。