無理して、いま死ななくていいじゃない

 収束が見えないコロナに対する不安や恐怖外出自粛によるストレスや孤独感不況による企業の倒産や解雇若者や女性の自殺者が増えた要因のひとつに、非正規雇用が多いことも関係していると、前出の前田室長は危惧する

 それは著名人も同様だ。

「映画やドラマの撮影ができない。テレビ出演も減り、家に閉じこもりがちになります。おまけに仕事が減れば、ギャラだって減ってきます」

 ネット上での匿名の誹謗中傷も追い打ちをかける。芸能人は評価をどうしても気にせざるをえない職業。普段は忙しくて見ないネットの書き込みもコロナ禍で時間があり、見てしまった人もいたのではないだろうか──。

根も葉もない誹謗中傷もたくさんありますが、気にするなと言っても気になるもの罵詈雑言を浴び、身に覚えのないことを言われたら誰だってつらくなります

 前田室長は訴える。

死ななくてもいい方法はいくらでもありますなんとか思いとどまり、相談してくださいオンラインでもいいです必ず話してください

 いのちの電話だけでなく相談先は複数ある。例えばNPO法人ライフリンクはウェブサイト内で支援先を紹介する『いのちと暮らしの相談ナビ※』を展開している。

 希林さんは講演の最後にはこう締めくくっていた。

自殺するより、もうちょっとだけ待っていてほしいのそして、世の中をこう、じっと見ててほしいのねあなたを必要としてくれる人や物が見つかるからだって、世の中に必要のない人間なんていないんだから〈中略〉私みたいに歳をとれば、ガンとか脳卒中とか、死ぬ理由はいっぱいあるから無理して、いま死ななくていいじゃない

 だからさ、それまでずっと居てよフラフラとさ

 希林さんの願いがひとりでも多くの人に届いてほしい。

'16年、全国紙に掲載された企業広告のポストカード
すべての写真を見る

 ※NPO法人ライフリンク「いのちと暮らしの相談ナビ」http://lifelink-db.org/ 
 心理相談室サウダージ http://www.saudade.biz