年内に、眞子さまと小室圭さんが結婚される可能性は、かなり低いと思われます

 重々しく口を開いたのは、事情を知る宮内庁関係者。

 これまでおふたりは、30歳になる今年10月ごろに結婚されることが“既定路線”といわれてきたが、いったい何が起こっているのか──。

 2月23日に公表された天皇陛下の記者会見内容が、にわかに話題となっている。

眞子内親王が、ご両親とよく話し合い、秋篠宮が言ったように、多くの人が納得し喜んでくれる状況になることを願っております

 眞子さまのご結婚に関する質問に対して、陛下はそうお答えになったのだ。

今回のご発言について“おふたりの結婚に天皇はNOをつきつけられた”“眞子さまに苦言を呈された”といった報道が次々と飛び出していますが、実情は違います

 眞子さまのご結婚は私的な事柄なので、あくまでも秋篠宮家の問題だと陛下はお考えです秋篠宮さまのご発言を引用されたのは、最終的に秋篠宮さまに任せるという意味合いであり、実質的な“ゼロ回答”だといえるでしょう」(侍従職関係者)

2月23日に公表された陛下の会見では、秋篠宮殿下の意向に沿ったおことばを

 宮内庁OBで皇室ジャーナリストの山下晋司さんも、陛下のご発言を次のように受け止めている。

秋篠宮殿下が“多くの人が納得し喜んでくれる状況”の中での結婚を望んでおられるのは、皇族としては当然のことであり、陛下も殿下のおことばをなぞった当然のことをおっしゃっただけです“今後も見守っていきたい”という言葉と大差はないでしょう

 皇室全体の問題といわれる状況ではありますが、陛下からすると“秋篠宮家の問題”というのが大前提で、当主である秋篠宮殿下のお考えを尊重すべきとのお考えだと思います。

 今回の会見ではご結婚について“認める”“認めない”といった踏み込んだものではなく、無難なご回答だったと言っていいでしょう」