亜硝酸Naを使用していないという意味の“無塩せき”と表示のあるものをチョイス
【写真】がんのリスクが少ない、安全な市販の加工肉の写真を紹介!

ソーセージの中にも……

 このニトロソアミン類は、酸性状態の胃の中でできやすい物質だ。

「亜硝酸Naを含むハムやウインナーソーセージ、ベーコンなどを食べると、体内でニトロソアミン類ができる可能性が高いということです。また、加工肉自体にニトロソアミン類が含まれている場合もあります」

 いずれにしても、加工肉を毎日食べているとニトロソアミン類の影響によって、がんが発生しやすくなると考えられる。

「少し過激な表現をすると、日々の食事やお弁当に加工肉を使うということは、自分や家族を大腸がんに導く危険性があるということです」

安全に食べられる加工肉を見極める

 聞けば聞くほど恐ろしい“加工肉の真実”だが、市販の加工肉を絶対に食べてはいけないというわけではない。

「最近は、亜硝酸Naを使っていない加工肉の販売が増えてます。セブン&アイ・ホールディングスの『セブンプレミアム 無塩せきスライスハム モモ』、同『無塩せきポークウインナー』、同『無塩せきベーコン』は、亜硝酸Na不使用の製品です。商品名にある“無塩せき”とは、亜硝酸Naを使用していないという意味です

「亜硝酸Na」や「赤色2号」など色名と数字で表記される成分が表示されているものは選ばないのが無難

 また、イオンの「トップバリュ グリーンアイ」シリーズの加工肉も亜硝酸Na不使用の製品だ。

「『トップバリュ グリーンアイ ローススライス』というハムの原材料表記は、『豚ロース肉(アメリカ)、乳たん白、糖類(水あめ、砂糖)、食塩、たん白加水分解物(乳成分・豚肉を含む)、酵母エキス、植物油脂/卵殻カルシウム、香辛料抽出物』のみ。“発色剤”“亜硝酸Na”という文字はありません」

 つまり、亜硝酸Naを添加していないということで、ニトロソアミン類ができる心配はない。

「原材料名にある添加物は“卵殻カルシウム”と“香辛料抽出物”。卵殻カルシウムは卵の殻から得られたもので、香辛料抽出物は香辛料から抽出された成分。どちらも安全性に問題はありません」