ウォーキングやジョギングが趣味の人も、足の健康オタクの人も、つい見逃しがちな存在感の薄い「小指」。でも、この小さな指こそ全身の痛みをとって健康に導くパワーが宿っているんです!

足指を鍛えれば一生自分で歩ける

「一生、自分の足で歩きたい」「介護で家族を煩わせたくない」と思う人は多いもの。しかし、平成30年の厚生労働省資料によると、65歳以上の約5人に1人が、支援や介護が必要な状態。一方、寝たきりや認知症を防ぐには、歩くことが有効という研究結果が。例えば、1年間の1日あたりの平均歩数が2000歩の人は、寝たきりが予防できることがわかっている(健康長寿研究所)。

 とはいえ、コロナ禍で運動不足になりがち……。

「一生自力で歩くには、家でできる簡単な運動で足の小指を鍛えることが大切です」

 と力強く答えるのが、幹整体院・鍼灸院代表の倉幹男さん。倉さんは豊富な施術経験から、足の指、特に小指には全身を整える力があると発見した。

「腰痛やひざ痛、下半身のしびれなどがある人は、足指の力が弱く、器用に動かせないことが多いんです」

 なぜ、足指が大切なのか?

「足指は歩くとき、地面と必ず接する場所。足指が弱ってふらついた状態のまま毎日6000歩歩き続けると、1年で200万歩分の負荷が積み重なり、不調を招きます」

足の指は身体の“地盤”

イラスト/水口アツコ

 どれだけ基礎(骨盤)や杭(脚)がしっかりしていても、地盤(足指)が不安定だと家はグラグラに…。

身体をしっかり支えられる足の小指はここが違う!

●小指がしっかりと外側に開く
●小指を器用に動かせる
●小指に力を入れて握ることができる