清い戸籍のまま、アラフィフと呼ばれる年になった美女3人。そんな彼女たちがやっているのは“婚活アプリ”! ビギナーから10年選手の猛者まで、婚活アプリ体験を語ってもらった♪」

【ヤス子の場合】アラフィフ独女が知識ゼロで同世代アプリ男子と会ってみた!

 わたしヤス子、47歳。絶賛婚活中☆ 40なかばを越えてめっきり出会いも減ったうえ、コロナで大打撃。重い腰を上げて、話題の婚活アプリを始めてみました。

 まずは40歳オーバーで入れそうなマッチングアプリに登録! 知人が出会い、結婚した『Omiai』や40歳以上限定の『東カレロマンス』、デート目的アプリ『Dine』の3つに絞る。さぁカップル成立せねば! 翌日、自分のプロフィールに「いいね!」がいくつか来た

 その中に、黒肌とオールバックがひときわ目立つ47歳男性・年収5000万が。うさんくさ〜い、と思いつつもその年収に目がくらみ、「ありがとう!」ボタンをポチリ。これでカップルが成立だ。メッセージのやりとりもそこそこに、銀座のレストランで会う流れに。ドキドキ☆

 当日、黒肌から“やっぱり新宿でもいい?”と連絡が。なんでも行きつけのすし屋があるという。もちろんおすし、だーいすき。新宿駅で待ち合わせ、柱の陰からそれらしき人を探していると、ええっ。昭和のホスト感満載のちっさいおじさんが登場だ! やべぇな……とりあえず合流。

黒肌とオールバックの男性、正体は「ホスト」

ここが、ボクの贔屓です

 案内されたのは、まさかの回転ずし! 銀座がよかったな~。ひとまず入店。おもむろに“コレどうぞ”と紙袋を差し出す黒肌。中には容器が2つ? 開けてみると白身魚の南蛮漬けと貝の煮物が……

僕、料理が得意なんですよ!

 イヤイヤ〜ごめん! 初対面の人の手料理なんて、気持ち悪いでしょ! ひきつった笑顔で受け取り、しばし無言

「ボクこれから仕事なんですよね」

「あ、お店に出勤ですか?」

 シレッと聞いてみた。

そうです。同伴します?

 うん、ガチでホストの営業じゃん! 動揺しつつ“おごりですか?”と聞いてみる。

いえ、1時間1万円です

 あーね……。ソッコー帰宅し、いただいた手料理は食材に謝りつつゴミ箱へ捨てた。

見ためは昭和のホスト! 実際は、やっぱりホストでした イラスト/柏屋コッコ