家事に仕事に、子育てに日々忙しくて、つい自分の健康はおろそかにしがち。そんな週女の読者世代こそ気をつけたいのが、ちょっとした身体の不調。実は深刻なリスクがある、知られざる病気の「前兆」を医療のプロが徹底解説!

※画像はイメージです

シミが急に増えた→「胃がん」

 年を重ねるごとに増えてきたシミ。紫外線ケアに気を使っているのに、急にどんどん増えてきたような……。『放っておくとこわい症状大全』(ダイヤモンド社)の著書がある、秋津医院院長の秋津壽男先生が指摘する。

「そのシミは色が黒っぽく、イボのように少し盛り上がったりしていませんか? もしそうなら『脂漏性角化症』という皮膚の病気で、それ自体は良性腫瘍です。ところが、1~2か月のうちに急激に増えた場合やかゆみを伴うケースでは、胃がんや大腸がんなど消化器の腫瘍が隠れていることがまれにあるんです」

 脂漏性角化症ができるのは顔だけではない。背中や首、足などにもおよぶ。それにしても、なぜがんの兆候が肌に現れるのだろうか?

「がんになると身体の免疫機能などが衰えていきます。すると、体内で異物や老廃物が処理しきれなくなり、皮膚症状として現れやすくなるのだといわれています」

皮膚のかゆみ・発疹→「悪性リンパ腫」

 じんましんでも虫刺されでもない謎のかゆみ。1週間以上、かゆみ止めを塗っても治らなければ、こんな疑いが。

「白血球の中のリンパ球という物質ががん化して起こる病気に『悪性リンパ腫』というものがあります。日本では毎年、1万人に1人の割合で発症している“血液のがん”の一種です。その中に、かゆみや発疹といった皮膚症状を起こすタイプがあるんです」

 そう話すのは、医学博士で医学ジャーナリストの植田美津恵先生。がん細胞から特異な物質が生み出されることでかゆみや発疹が引き起こされるという説もあるが、詳しい原因はよくわかっていない。

「ほかにも、貧血やアザができやすいなどの症状が多いと言われていますが、初期だと無症状というケースも珍しくない。しつこいかゆみで皮膚科にかかったけれど原因がわからず、内科の血液検査で悪性リンパ腫と発覚する人もいます。いずれにせよ思い当たる人、不安な人は、まずはかかりつけ医へ相談を」