いまやドラマ、映画界に欠かせなくなっているのが人気マンガが原作の作品。

マンガ原作の実写化は“がっかり”ばかり?

 7月からスタートした今期ドラマでは戸田恵梨香、永野芽郁がW主演の『ハコヅメ』(日本テレビ系・水曜夜10時)や、二階堂ふみ主演の『プロミス・シンデレラ』(TBS系・火曜夜10時)がマンガ原作もの。

映画『東京リベンジャーズ』。原作の和久井健先生の描き下ろしイラスト(上)と実写のキャストたち (C)2020『東京リベンジャーズ』製作委員会

 マンガ原作ものはドラマだけではなく、映画界でも大人気。少年マガジンで連載中の『東京リベンジャーズ』は北村匠海をはじめとしたイケメンキャストが勢ぞろいで公開前からヒットが予想されている。

 とはいえマンガ読者は原作への思い入れが強いだけに全員が満足する仕上がりになることは難しい。多くの視聴者が《こりゃないよ》と唸ったガッカリ実写化作品は?

「悟空がいじめられっ子の男子高校生ってどういうこと?」(20代・男性)、「原作レイプにもほどがある」(40代・女性)

 圧倒的1位となってしまったのが、『ドラゴンボール・エボリューション』('09年)。原作者の鳥山明氏に「ドラゴンボールとはいえない」と言わしめた同作は、世界中の原作ファンから批判が殺到。脚本家のベン・ラムジー氏が謝罪する事態に。かけた製作費は約4500万ドル、60か国以上で上映されるなど期待値が高いことがうかがえたがあまりの駄作に(?)初登場第8位、全世界興行収入は約5750万ドルと残念な結果に。

 不名誉な2位となってしまったのは、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』('09年、TBS系)。主演は当時SMAPだった香取慎吾。慎吾ちゃん両さんもなじんでいたが、

「チビでダミ声の両さんは(アニメ版の声優をしていた)ラサール石井さんのイメージだったから慎吾ちゃんじゃイケメンすぎる!」(50代・女性)、「香取さんの顔に両さんのカモメ眉毛が描かれてるのを見て悲しくなった」(30代・男性)、「香取慎吾がやけっぱちでやっていたイメージ」(30代・女性)。ミスキャスト(?)は慎吾ちゃんだけではないようで、

「香里奈の麗子はなんか違う。麗子の持つ母性や優しさが感じられない」(50代・男性)、「中川がもこみちっていうのもなんか。金持ちっぽくない」(40代・男性)