つらい首や肩や腰、ひざの痛み、最近歩くのも何だかしんどい……その悩みの原因、もしかしたら、かかとかも。

あなたの身体の不調、原因はかかと!?

「かかとの関節は多くの人が、歪むなんて思いもしない、意外な盲点。でも、その歪みは、全身に悪影響を及ぼす可能性があるんです」

 そう教えてくれたのは、これまで多くのトップアスリートの施術に携わってきた全身骨格矯正師の宮本晋次さん。

「身体の土台であるかかとが歪むと、身体の軸である足首、骨盤、背骨に歪みが広がり、それが頭痛や肩こり、腰痛、ひざ痛の原因になることも」(宮本さん、以下同)

 通常、かかとを指すのは地面に近い踵骨の部分。かかとの歪みは踵骨と距骨の関節である距踵関節で起こり、歪み方は年代によって傾向があるという。

かかと部分の骨、関節の名称

「私の経験上では50代になると、身体の外側に重心がかかって、かかとが内側に歪んでいる方が非常に多いです」

かかとの歪みの原因

 歪みの原因の多くは、日ごろの立ち方や歩き方などの生活習慣や、筋力の低下。これを放置すると、歩行にも影響が出てくる。

「かかとの歪みによって足首の動きが硬くなってしまい、体重をかけるたびに足首が痛むので、歩くこと自体がだんだんおっくうになる。さらに歩かずにいると、足腰がどんどん弱り最悪、寝たきりになってしまうという悪循環に」

 歪みがなければ、筋肉を動かすことで血流やリンパの動きが改善し、むくみや冷え、ガサガサかかとにも効果が。

 また、歩くことは寿命にも影響する。実は1日の歩数が多いほど長生きすることがわかっている。また、歩行速度と平均寿命は比例しているという調査結果もある。つまり、速く歩くことができる人は、健康寿命が長いといえる。

「まずはかかとを調整し、身体の不調や歩くことへの不安を取り除くことが大切です」

1つでもチェックがついたら、 かかとが歪んでいる可能性大!