団塊世代が後期高齢者に差しかかる昨今、老人ホームなど介護施設の需要は増えている。もちろん、老人ホームが“終のすみか”となる人も多いはずだ。自分、もしくは自分の親の最後の居場所はできるだけ穏やかで、平和で、優しい世界であってほしい。そう思う人が大半であろう。だが、そうは問屋が卸さないのが現実だ。終のすみかはよく選んだほうがいい……そう思わざるをえない話を2人の関係者から聞いた。

認知症からセクハラに利用者側の問題も

 発達障害に焦点を置いたウェブニュースの編集人として活躍している田口ゆうさんは、元・介護施設職員。その経験を活かして実話漫画の原作も担当している。

介護職員として半年間働いた田口さん。正社員への勧誘もあったものの……

「離婚をしたばかりの4年ほど前、特別養護老人ホームで働きました。介護職は当時から人手不足だったので、実務経験がなくても社員になれる状況。特養で働いたのはたった半年間ですが、かなり濃い体験だったと思います」

 特別養護老人ホーム(以下、特養)の入所条件は要介護3以上だ。田口さんとしては“利用者はあまり動けないのだろう”というイメージを持っていた。しかし実際はまったく違っていた。

「特養では元気なシニア女性が多かったですね。身体だけじゃなくて……」

 その特養は東京都内でも有数の高級住宅地にある大型の施設だった。セクハラなどというものに若干違和感を覚える上品な土地柄だったが、おむつ交換や着替えの介助の間に男性職員の身体を触ったり、キスを迫ったり、といった行動をする女性利用者が少なくなかったのだ。

「セクハラされる男性職員は決まってイケメンでした。髪の毛はフサフサの男性が狙われました。なぜかそれは絶対なんですよね。不器量だったり、薄毛だったりする職員は見向きもされません。本能的に、年をとると若い異性を求めてしまうものなのでしょうか。孫のような若い男性を性的に見てしまうというのは、少し不思議に思いました」

 しかしおばあさんに迫られたとしても、男性職員ははねのけて拒否することができる。だから実際に問題になることはなかったという。

 元気な女性入居者とは対照的に、男性入居者は体力がなく、寝たきりの人も多かった。しかし弱っても性欲がなくなったわけではない。

「男性利用者にズラッと並んでもらい一斉にシャワーで身体を洗う時間があるんですが、洗う側の職員は大体Tシャツ1枚です。女性職員のTシャツに水がかかると下着が透ける。それを見た入居者の方たちが、興奮し始めるんです。自分の父親よりも上の世代の人たちにも性欲があることにショックを受ける女性は多かった。私も初めはビックリしましたね」