「アイアムキャプテン・サカガミ。道案内するよ」

 9月14日、6月に関西空港で外国人留学生の女性に声をかけ、宿泊先のホテルに侵入して無理矢理キスをするなどのわいせつ行為をしたとして、大阪府泉大津市に住む阪上和也容疑者(26歳、自称・会社経営者)が逮捕された。女性が阪上容疑者を“信用”してしまったのには、訳があったーー。

容疑者は大手航空会社のパイロット服、つまりコスプレをして女性に声をかけていたのです。空港関係者を名乗られたら信用するのも無理はなく、日本に来て間もない、不安に思う外国人女性の心理につけ込んだ卑劣な犯行です。

 しかもコスプレはこれが初めてではなく、容疑者はパイロット服でたびたび空港内をうろつく、スタッフの間でも知られた有名人だったみたいですね。首には自作と見られる“社員証”もぶら下げていたそう」(全国紙社会部記者)

 実は、この阪上容疑者、ネット界隈ではすでに有名人だった。というのも、事件を起こした翌7月にも、暴露系インフルエンサーとして知られる滝沢ガレソ氏に別の外国人女性に対する“わいせつ事件”を告発されていたからだ。

 同氏のツイッターに、《【悲報】電車にてANAの制服を着た男が外国人女性にダル絡みしてトラブルに…》として投稿されたツイート。およそ1分間の動画も添えられているのだが、そこに映っていたのが、やはりパイロット服を着た阪上容疑者だった。

別の外国人女性にも絡んでいた

 この日も関西空港をうろついた、その帰路だったのかもしれない。南海電鉄車内で隣に座っていた外国人女性に、何やら仕切りに声をかける阪上容疑者。迷惑そうにする女性の髪の毛を触ったり、強引に肩に腕を回したりと馴れ馴れしい態度をとる“パイロット”に、怪訝そうにしていた周囲の乗客もたまらず止めに入る。

 そして目的地に着いたのか、トランクケースを引いて席を立とうとする容疑者だが、酔っ払っているのか足元はフラフラとしておぼつかない。その様子を、別の外国人女性客に撮影されていたことに気づくと「お前、撮んなよ」と絡み出す。

 撮影者の女性から英語で「まともに歩けないじゃない」と問われると、「ワッツ?」と威嚇するような表情。さらに「どんだけ酔っ払っているの? 降りなさい! さっさと降りろ!」と強い言葉で責められると、お世辞にも上手とは言えない英語で何やら言い返している様子の容疑者。

「Get out!」何度も叱責され続けると、「イッツ、ジャパン…」英語が出てこなかったのか、ついには英語をあきらめて日本語で「日本には日本の…お前ら、ここは日本や」と訳のわからないことを言い出す始末。