ムレない、生理の際に楽、下着からはみ出ない……などといったメリットが多いと、関心が高まっているVIO脱毛。これに加え「将来、介護されるようになった際のために」という理由で実際に行おうと考えている人も増えている。しかし、介護従事者たちの実際の声は──。

VIO脱毛を“してよかった”という人が多い

 実際にVIO脱毛を済ませた50代女性はこう語る。

思った以上に快適で、本当にやってよかったです。デメリットといえば、それなりにお金と時間がかかること、話していなかった家族や友人にビックリされることと、鏡を見ると自分の年をとって貧相になったアソコがダイレクトに目に入ること(苦笑)。毛の役割ってこれだったのかな、なんて思います(笑)。

 あと、『どうして脱毛したの?』と聞かれて面倒くさいとか。そういうときは『介護脱毛』と答えるようにしています(笑)

 アンダーヘアを永久脱毛する、いわゆるVIO脱毛をする人が男女問わず増えてきている。

VIO脱毛をした人たちから聞こえてくるのは満足の声がほとんど(写真はイメージです)

「毛が濃いのがコンプレックスだったし、特に夏場はムレるのがいやだったので、試しに剃ってみたらとても快適だった。においも気にならなくなった」(30代女性)

 といったように、VIO脱毛をした人たちから聞こえてくるのは満足の声がほとんど。

 ところで、VIO脱毛に関心が集まる理由のひとつに、冒頭の50代女性が話したように、「将来介護が必要になったときに、介護者が楽だから」という「介護脱毛」という概念も挙げられている。

 しかし、この介護脱毛だが、多くの介護士や看護師といった介護従事者たちからは、「必要ない」「毛があることは介護の際に大した問題ではない」「ていのいい理由づけにモヤッとする」といった声が上がっているのをご存じだろうか。