「子どもがかわいそう」

 10月3日に放送されたバラエティー番組『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演した、元格闘家の魔裟斗(43)と女優の矢沢心(41)夫婦。3歳になる息子のエイトくんもゲスト出演し、ほのぼのとした時間が流れたがSNS上で批判の声があがっているという。

「SNSを中心に“子どもがかわいそう”、“子どもの相手させられてしゃべくりメンバーがかわいそう”という声が多いですね。番組では恐竜が好きだというエイトくんのためにリアルなティラノサウルスが登場したのですが、エイトくんは半泣きで“嫌い”と着ぐるみを叩き、まず、エイトくんのこの行動が批判されました。

 さらにその批判コメントに対して“3歳なのに批判されてかわいそう”、“テレビに出されてかわいそう”などと連鎖して“かわいそう”コメントが多くついています」(テレビウォッチャー)

かわいそう族、現る

 なんでもかんでも“かわいそう”と言う“かわいそう族”がいる。母親たちが集う掲示板『ママスタジアム』や育児マンガでは“かわいそう”という人々への戸惑いが多く見られる。

『困った姑・夫を浄化する!? 美淑女戦隊オバサンジャー』で“かわいそう族”のことをコミカルに描いた漫画家のグラハム子さんは、

『困った姑・夫を浄化する!? 美淑女戦隊オバサンジャー』には、かわいそう族の他にも日常のモヤっとしたことをオバサンジャーたちが成敗してくれる痛快コメディー (C)グラハム子
『困った姑・夫を浄化する!? 美淑女戦隊オバサンジャー』には、かわいそう族の他にも日常のモヤっとしたことをオバサンジャーたちが成敗してくれる痛快コメディー (C)グラハム子

「私自身ひとりっ子で生まれて、周囲の大人から“かわいそうね”と言われて育ってきました。それがすごく嫌で私は子どもを2人産んだんです。年子の2学年差なんですけど、そうしたら長男が1歳のときに、“こんなに小さいのにお兄ちゃんになってかわいそうね”って言われて。あぁ、もうかわいそうって言う人はどこにでもいるんだなと思いました(笑)」

 グラハム子さんは彼女たちのことを“野生モンスタータイプ”と命名し、悪意は感じていないという。

「私が遭遇したかわいそうと言う人々は通りすがりの年配の女性がほとんどでした。ただモヤっとはさせられます」

 と話すが、中には悪意を持って“かわいそう”と言う人々もいる。