女優がCMに出るのは多くが知名度を得たあと。大半のスポンサーはなるべく人気のある女優を起用したいからだ。

女優のCM出演、ギャラの相場

 例えば長澤まさみ(35)の場合、デビューは2000年だが、今も続く「カルピス」のCMに起用されたのは2005年。興業収入83億円を記録した大ヒット映画『世界の中心で、愛をさけぶ』(2004年)で、ヒロイン・亜紀を演じた翌年だった。

 もっとも、中には先にCMで存在を知られる女優もいる。NHK連続テレビ小説『舞いあがれ!』に出演中の吉谷彩子(31)もその1人に違いない。

吉谷彩子
吉谷彩子

 吉谷が演じているのは由良冬子。福原遥(24)が演じる主人公・岩倉舞が入学した浪速大学の2回生である。舞が人力飛行機サークル「なにわバードマン」に訪れたところ、滅法感じの悪い先輩がいた。それが由良だ。10月24日放送の第16話だった。

 朝ドラには珍しい憎々しいキャラクターだったため、たちまちツイッターが反応し、トレンド入りした。ただし、由良や演じている吉谷の名前ではなく「ビズリーチ」。吉谷が2016年から出演しているCMのスポンサー名だった。

 吉谷は5歳で子役デビューし、TBS系の日曜劇場『グランメゾン東京』(2019年)など数々の作品に出演してきた実力派バイプレイヤーだが、まだCMのイメージのほうが強いらしい。

 だが、インパクトの強い役柄の由良を演じたことによって、吉谷の名前も広まった。もう「ビズリーチ」と呼ばれることはないはずだ。

 スポンサーの中には知名度がそれほど高くない女優をあえてCMに使うところもある。契約金が高くならないことなどが理由だ。

 芸能プロダクション幹部によると、長澤まさみや綾瀬はるか(37)ら売れっ子クラスだと契約金は年間5000万円をゆうに超える。そうでない女優も知名度があると契約金年間2000~3000万円以上かかるという。

 半面、知名度の高くない女優なら同1000万円台で済む。「それでは女優側が割に合わない」と思う人がいるかも知れないが、女優側にもメリットはある。CMによって顔を売ることが出来るからだ。スポンサーと女優でウインウインの関係になる。