天才子役としてデビューし、今年芸能生活50年となる女優の杉田かおるさん。“毒舌”なもの言いでバラエティー番組に引っ張りだこだったのも久しい。芸能活動を休み、慢性閉塞性肺疾患だった母親の在宅介護に4年半携わる。女優業に復帰し、講演やYouTubeで健康についての情報発信を行う杉田さんの今とこれまでを追った。

芸能生活50年目を迎える

「『パパと呼ばないで』の放送が始まったのが10月4日だったので、今月(取材時)でちょうど50年。だから自分へのご褒美と言い訳をして、毎日お祝いに美味しいビールを飲んでいるんです(笑)」

 7歳のときドラマデビューし、今年芸能生活50年を迎えた女優の杉田かおるさん。取材で訪ねたのは杉田さんの自宅近くの湘南のカフェで、まずはこの大きな節目を祝い、湘南の地ビールで乾杯となった。

「ビールを飲みながらの取材というのもちょっと不謹慎ですけど(笑)」と杉田さん。50周年を迎える現在の心境はと尋ねると、「自分の中ではあまり実感がなくて。ただ“あの人は今”の取材が定期的にくるので、そこでそんなに長い時間がたったんだと気づかされます」と朗らかに笑う。

 子役としてキャリアをスタートし、激動の芸能人生を歩んできた。その長い年月を改めて振り返り、「3つのブレイクがあった」と語る。

7歳で出演したテレビドラマ『パパと呼ばないで』での“チー坊”により天才子役と話題に。これで一気に知名度を上げた
7歳で出演したテレビドラマ『パパと呼ばないで』での“チー坊”により天才子役と話題に。これで一気に知名度を上げた

 1つ目のブレイクが、1972年放映のドラマ『パパと呼ばないで』。主演の石立鉄男さんの姪(めい)・チー坊役を演じ、天才子役と絶賛された。

「あのころちょうど映画のスタッフがテレビに流れてきていたときで、だからみんな本当にプロフェッショナルでした。例えば泣きの演技にしても、寄りでは目線を落とし、引きでは顔を落とすんだ、そこで表現できるものが違うんだと一から丁寧に教わって。

 技術さんには照明の神様のような方がいて、私の顔を一番キレイに見える黄金比で照らしてくれた。天才子役とは言われたけれど、私だけの力ではなく、みんなの技術が集結してできあがったものでした

 デビュー作で一気に知名度を上げ、一躍お茶の間の人気者となった杉田さん。しかし子役でいられる時期は限られ、振り向けば次なる天才子役が次々現れる。

「可愛い可愛いと周りにもてはやされたけれど、可愛い時間は短くて。ちやほやしてくれていた人たちが、“こんなに大きくなっちゃったんだ”とガッカリしてだんだん使われなくなっていった。それで初めて“自分はそんなに可愛くなかったんだ”と気づきました」

 世間は熱しやすく冷めやすい。わずか7歳にして人気稼業の儚(はかな)さを知り、多くの子役が歩む茨(いばら)の道をたどることになる。

「子役の中には大きくなると仕事がなくなるという恐怖感で精神的に病んでしまう人も多く、私もギリギリのところまで追い込まれていました。オーディションの話がきたのはちょうどそのころで、これでダメならもうこの仕事はやめようと考えていました」

 15歳のときオーディションに受かり、'79年『3年B組金八先生』(TBS系)に出演が決定。生徒の一人・浅井雪乃役を演じ、2度目のブレイクを迎えている。ドラマは最高視聴率39・9%の大ヒットを記録し、生徒役からは田原俊彦、近藤真彦、野村義男をはじめスターも多く誕生した。

 当時、雪乃の恋人・宮沢保役を演じた鶴見辰吾さんに伺うと──。

「当初生徒役の中で顔と名前が知られていたのはかおるさんだけで、やはり輝きがありました。たった1行のセリフを言うのも精いっぱいという生徒役が多いなか、きちんと情感を表現して演技として成立させていたのは彼女くらいではなかったでしょうか。ほかのキャストとは一線を画していたし、オーラを放っていたと思います」