便が出やすいのは前かがみの姿勢!

 また、排便する際の姿勢も大事です。姿勢をよくすると便が出やすいと思いがちですが、実は前かがみの姿勢のほうが恥骨直腸筋が緩みやすくなり、直腸から肛門にかけての角度も直線的になって便を出しやすくなります。

【出やすくなる「排便ポーズ」】
(1)洋式便座に座り、両ひじが太ももにつくくらいの前傾姿勢をとる。
(2)肛門をギューッと締め上げて5秒数えたら、フーッと力を抜いて、肛門を緩めたときにお腹に力を入れていきむ。

 ポイントは、前かがみになることと、踏み台を置くこと。特に、身体がふらつきやすい高齢者は踏み台を置くと安定して、しっかり前かがみになれます。

 この姿勢は、直腸にできたポケットに便がたまるタイプの便秘の改善にも有効です。

ポイントは、前かがみになることと、踏み台を置くこと

 また、排便困難型だけでなく、お通じの回数が少ない「排便回数減少型」の症状を併せ持っている人もいます。大腸のぜん動運動が弱まり、恥骨直腸筋の機能も低下しているなど、複数の原因があると考えられ、特に高齢の女性に多く見られます。

 この場合は、水溶性と不溶性両方の食物繊維を意識して食べたり、おへそのまわりを「の」の字を書くようにマッサージして腸を刺激したりするのも効果的。ただし、マッサージは食後2時間以上あけて行ってください。

◎監修/高野正太さん(大腸肛門病センター高野病院)
◎イラスト/栗生ゑゐこ

■NHK『ガッテン!』今後の放送予定
総合テレビ 毎週水曜 午後7時30分~8時15分
総合テレビ 毎週土曜 午前0時25分~1時10分(再放送)

【9/26 放送休止】

【10/3放送】血糖値がみるみる下がる!謎のポーズで体質改善SP

血糖値対策といえば「食事制限」や「毎日の運動」ですが、今回発見した第3の対策は、1週間にたった2回、「あるポーズ」をとるだけ。ポイントは筋肉の「質」を変えること。その秘策を大公開!

【10/10放送】うまっ! 子どもが奪い合う新感覚ピーマン

子どもが嫌いな野菜の代名詞、ピーマン。しかし!意外なひと工夫でピーマン嫌いだった子どもたちが、ピーマン好きに大変身することが判明!その秘密は、ピーマンが持っている「特殊な細胞」にありました!

※タイトルはすべて仮です。放送は変更になることがあります。