梅雨晴れの昼下がり、東京・赤坂のスタジオからラジオ番組の始まりを告げるジングルが流れる。マイクの前に座るのは、かつてワイドショーのリポーターとして事件や芸能の現場を伝えていた東海林のり子さん(85)。第一線からは退いたものの、現在もパーソナリティー、司会、講演と“しゃべる”現場に立つ。

ずっとしゃべっていたいの

 東海林さんがハリのある声で語り出す。

「うちのネコちゃんは18歳。長生きでしょう? 人間の年でいうと私と同い年。でもシワがないのよね。……以上、現場の東海林でした」

 相手役の元ニッポン放送時代の後輩アナウンサー、齋藤安弘さん(78)が景気づける。

「いえいえ、のり子姉さんはシワもない! シミもない!」

「あなた、目が悪いもん」

「白内障の手術をしましたから、よく見えてるはずです」

東海林のり子と齋藤安弘のコンビで人気のラジオ『現場の東海林です。斉藤安弘アンコーです。』の収録現場にて。※放送局や放送時間の詳細は番組ホームページにて(norian.jp)

 番組タイトルは『現場の東海林です。斉藤安弘アンコーです。』。2人合わせて163歳という史上最高齢の男女ペアで、地方局5局(宮城・京都・香川・高知・大分)を結んで放送されている。シニアの自虐ネタも盛り込んだ2人の小気味いいやりとりが好評だ。

 収録の合間にリラックスした表情で東海林さんが語る。

やっぱりラジオ出身だし、ずっとしゃべっていたいのね。それもただおしゃべりするんじゃなくてオンエアできる仕事で。リスナーがいてしゃべりかけるって、本望なのよ。アンコー(齋藤さん)は最高の相手ですよ。これがもっと若かったりしたら、遠慮しちゃったり気を遣うけど」

 齋藤さんも相槌を打つ。

「私も言いたいことを言わせていただけるのがありがたいんです。それが東海林先輩のお人柄なんですね。構えてお相手しなきゃいけないって方じゃないですから。でもね、びっくりしますよ! 東海林さんの口のまわりの筋肉はご年齢とは別物なんです。そこだけ20代のようですから!(笑)」

「しゃべることでボケも誤嚥も防止できるの」と東海林さんも明るく笑う。