豊田愛魅先生

 あれやこれやと挑戦してみるものの、結局はやせられないって人のなんと多いことか!

「私も同じでした。ありとあらゆるダイエットに挑戦して、でも長続きしなくって……」。と、豊田愛魅先生。そこで考えたのが、「食べるのを我慢するのではなく、しっかり食べて、太らない身体をつくる」という逆転の発想。これなら、あなたもやせられるかも

やせてきれいになるはずが、まるで病人のように

 やせようとすると、まず浮かんでくるのが、糖質はダメ、フルーツも果糖が多いからダメ、ケーキやポテトチップスの間食もダメ、ジュースもダメ、コンビニ食もダメ……で、ダメダメばっかり

 豊田先生も「こんなに食べちゃあいけない、これを食べたから、夕食は何か減らさなくては……。いつもそんな気持ちを抱えて、ダイエットの呪縛に取り憑かれていたんです」とダイエットには、苦労したそう。

でも身体は食べることで、やせる身体になることがわかったんです」。

 食べてもOK、しかも運動はしなくてよし、わざわざダイエット食を作る手間もいらない、そんなズボラさん向きのダイエットがあるのです

 見るからにスリムな豊田先生だって、ダイエット経験者。しかもダイエット難民で、苦労してやせてもリバウンドして、また違うダイエットをしての繰り返しだったそう。私たちにも思い当たりますよね。

ありとあらゆる無理なダイエットをしていました。私が人生最大に太っていたときは、身長153cmで体重は約60kg、体脂肪率は約31%。誰が見ても立派な肥満体!

 やせたくて、野菜やお豆腐しか食べず、エステに通い、ジョギングもやって、42kgまで体重を落としましたが、体温が下がって冷え性が悪化し、風邪はひきやすいし、肌も潤いがなくカサカサで、髪の毛もバサバサに

 やせてきれいになるはずが、まるで病人のよう。しかも、せっかくやせたのに半年でリバウンドしてしまい、そんなことを繰り返すうちに、どんどんやせにくい身体に

 意志の弱い自分が情けなく、そんな自分を責めたりしているうちに、ストレスで呼吸が浅く息苦しくなって眠りも浅く、心身ともに何ひとつ、いいことはありませんでした

 いつも『こんなに食べちゃダメ』って声が頭の中でしていて、罪悪感なしに食事をしたこともなくて。何年もの間、美味しいなと思って何かを食べたことがなかったような気がします」(豊田先生、以下同)

 管理栄養士の資格を持っていても、ダイエットの呪縛に取り憑かれた豊田先生。でも最悪の状況を体験してみたからこそ、一念発起。食のプロとして、自分のやってきたダイエット法を見直すことに。