「今までの髪型が似合わなくなった……」。それは顔のたるみや髪のツヤ、ボリュームがなくなったから。でも髪のアンチエイジングで、見た目はグッと若返るんです。予約のとれないNo.1レジェンド美容師・MAYUMIさんが、おうちでできる美髪メソッドを教えてくれました。

◆   ◆   ◆

 40代からじわじわと押し寄せてくる老化の波。顔のたるみ、髪のボリュームダウン、白髪やうねりなど、数えればキリがないほど。今までの髪型が合わなくなったと悩んでいる人も少なくありません。

「多くの人が美容師なら似合う髪型を見つけてくれると思いがちですが、それは大間違い。若い美容師が大人の髪悩みに共感することは難しいので、理想の美容師に出会えていないのであれば、自分自身で分析して、似合う髪型を探すことが大切です」とは、カリスマ美容師のMAYUMIさん。

 そこで今回は髪悩みをカバーしながら、自分自身で似合う髪型を見つける手がかりとなる“MAYUMI流・美髪メソッド”を紹介。「似合う髪型をつくるにはヘアカットが主軸。細部にいたるまで理論化されたMAYUMIカットは360度どこから見てもバランスのいい髪型になり、小顔に見せられます」

 似合う髪型を見つければ、本来の美しさが引き出せて自信が持てる。いま以上に美しい自分を手に入れよう!

Over40が知っておきたい7のこと

 40も半ばをすぎると今まで似合っていた髪型が急に似合わなくなったり、髪質の変化に戸惑ったり……。今の自分にいちばん似合う髪型を見つけだすためのヒントをご紹介

【1】若い子や若いころと同じ髪型はやめる

20代のころは丸顔や卵顔だった多くの日本女性も、加齢で頬の肉が重力に負け、エラの目立つ四角い顔へと変貌していく イラスト/中村奈々子

 若いころは引き締まっていた頬やあごのラインも、年を重ねると重力に負け、たるんでエラ張りが目立つようになってくる。今まで似合っていた髪型に違和感を覚えるようになったら、それは顔と髪型のサイズが合わなくなってきたサイン。

 ボーダーラインは40代~50代。40代前半までは比較的どんな髪型でも似合うけれど、それ以降は加齢によるコンプレックスや悩みをカバーし、今ある素材を最大限に美しく見せる髪型にチェンジして。