「ヒデちん(容疑者)は誠実で優しいお兄ちゃんタイプだったので、まさかあんな事件を起こすなんて……」

 信じられないといった様子で語るのは、バンドマンだった容疑者の地元・福島県の女友達であるA子さんだ。

 中川飛出展(ひでのぶ)容疑者(39)は今年3月、当時17歳の少女に「JKビジネス」(女子高生との密着を売りにしたサービス)の採用面接を装って自宅に誘い出し、性交をしたうえ、その様子を撮影。11月4日に児童買春、児童ポルノ製造などの容疑で逮捕された。

「『JK見学』という架空の店舗関係者だと嘘をつき、SNSを通じて少女に求人を送っていました。自宅アパートでは“店で働くには、性行為をしなければならない”と話していた」(テレビ局関係者)

 取り調べでは「パパ活のニュースを見て、自分も若い子に会いたかった。20~30人の子と性行為をした」と容疑を認めている。

 福島県で生まれ育った容疑者は16年ほど前、バンド活動のため上京。金、ピンク、オレンジなど派手に染めた髪が印象的で、書店やラブホテルなどでアルバイトをしながら、ドラマーとしていくつものバンドを転々としてきた。

福島にいたころは健全に活動していた

「上京のきっかけとなった、福島県出身の3人組ロックバンド『monokuro』(’11年解散)は、インディーズでも知られた存在でした。酒を飲んでばかりで練習をしない中川は、メンバーの足を引っ張っていましたね」(音楽ライター)

 最近は『C』(仮名)というバンドに所属していた容疑者だが、逮捕により脱退。その後、活動再開は難しいとして、『C』の解散も発表された。

解散を発表する容疑者が所属していたバンド

 だらしないイメージの容疑者だが、昔から女性関係も乱れていたのだろうか。容疑者と20年近い付き合いだという冒頭のA子さんは、意外な過去の様子を教えてくれた。

女性関係のトラブルは一切聞いたことがありません。『monokuro』ではメンバー間のルールでファンの女性と肉体関係を持つことを禁止していて、しっかり守っていましたね。彼女がいるというのも、聞いたことがなかったです」

 こんなエピソードも。

「終電を逃して帰れなくなったときにヒデちんの家に泊めてもらったことがありますが、手を出されることは一切なかったです。逆にライブ疲れで先に寝てしまうほど、音楽一筋でしたね」