頭頸部(とうけいぶ)がんにおいて、なんと7割の効果が認められた治療「BNCT」。昨年6月、保険適用の治療法として登場した。もしかしたら、あの国民的歌手・つんく♂の歌声も救えたかもしれないこの治療は今後、多くのがん患者の希望の光になるハズだ。

お話を伺ったのは──
高井良尋先生 ◎ 一般財団法人脳神経疾患研究所 附属南東北BNCT研究センター長。弘前大学名誉教授。放射線治療のスペシャリスト。

奏効率は脅威の71・4%

「数日で、がんが溶けていくように消えていくので、本当に驚きました。45年間以上、放射線医師として働いてきましたが、初めての経験です」

 と、南東北BNCT研究センター、センター長の高井良尋先生。

 医師も驚いたという、このがん治療の名前は「BNCT(ホウ素中性子捕捉療法)」、放射線治療のひとつだ。昨年から治療が開始され、6月には一部のがんに保険適用がなされた。そのスゴさを高井先生に聞いてみると……、

「上あごのがんを治療した男性は、術後4日で、がんがドロドロと溶けていくのを感じたと話しています。溶けるというのは、肉が腐って崩れていくようなイメージです」(高井先生、以下同)

【症例1:70代男性左上顎洞がん】BNCT治療前後の頬の様子。左頬の表面に現れた赤みや膨らみもなくなった

 BNCT以外の放射線治療では、数十回照射を行うことがほとんどだが、BNCTはなんと、たった1回。これで先ほどの上あごのがんの男性は、腫瘍(しゅよう)がすべて消失したというのだ。

「BNCTは2018年に治験を終了し、頭頸部がんでは奏効率(治療効果が現れる割合)が71・4%という高い成績をあげています」

 病院設置型のBNCT治療は、当センターがなんと、世界初。ほとんどの患者は、再発を繰り返し「もう治療法がありません」と医師に告げられ、あきらめていたという。

「昨年5月から治療が始まり、9月の時点で30名の患者さんを治療しました。治療成績が大変よく、半数はがんがすっかり消えました。緩和ケアに行くしかなかった患者さんが通常の生活に戻れるわけで、その数が1~2人ではないというところが驚くべき治療法なわけです」

 7年前に右の上あごの歯肉にがんができ治療を行ったものの1年後に再発した80代女性が、BNCT治療を受け、腫瘍がすべてなくなったという事例もある。

【治療費】
・技術料……238万5000円
・薬剤……44万4215円/1パック
※体重によって、3~5パック使用。保険適用の3割負担で、約110万円~140万円

【最前線治療の現場の声】
「世界で初めての治療のため、日々工夫を重ねて治療にあたっています。中性子線を効率よく当てるために患者さんの部位によっては座位にするなど、新しい方法を取り入れています。放射線治療は身体を固定することが重要で、さらに中性子線は身体表面から6~7センチのところまでしか届かないため、考え抜いて治療を行っています」(南東北BNCT研究センター廣瀬勝己診療所長)