「マル、ヨン、マル、マル起床。おはようございます!」

 ラッパ音で朝4時に起床し、大声で挨拶する夫・緒原紘一(永山瑛太)の行動に驚く北川景子演じる妻……。ドラマ『リコカツ』(TBS系)で描かれる自衛官の生活ぶりにSNS上などでは、

《自衛隊のイメージをかなり盛ってるような感じw》

 といった声が上がっている。

「雪山で遭難したファッション誌編集者が、救助してくれた自衛官に運命を感じて交際ゼロ日で結婚。しかし真逆に近い生活スタイルや考え方のため、すれ違いが起きて結婚直後に離婚活動を始める……というラブコメディーです」(スポーツ紙記者)

 普通に生活しているとあまり接点のない自衛隊の人たち。やはり瑛太演じる自衛官の行動は、ドラマ上での演出なのか? そんな疑問から取材を進めていくと、あながち嘘でもないようで……。

現実離れしている自衛隊の“リアル”

「駐屯地では実際に起床ラッパが放送され、一斉にベッドから起きて着替え。廊下に出てすぐに朝の点呼を行います。そのため、ラッパ音を聞くと身体が反応して目覚めるという元自衛隊の人も多いですね(笑)」(自衛隊OB)

ドラマにも出演した、陸上自衛隊に勤務経験のあるピン芸人のやす子

 2年間陸上自衛隊で勤務経験があり、同ドラマにも出演したピン芸人のやす子(22)も「自衛隊員の“あるある”が詰まっている」と絶賛する。

「第1話の浅草デートのシーンで、瑛太さん演じる緒原さんが、“11時の方向です”と言うシーンがありましたが、私生活でも右や左などの方向を“3時”や“9時”と言うのは自衛官あるある(笑)。時間を“ヒト、ヨン、マル、マル”と言うのも同じで、任務中のクセはなかなか抜けませんね。自衛官から見ると緒原さんの言動はリアルです」

 第1話では「任務について詳しいことは語れない。国家機密だ」というセリフがあったが……。