今年3月、中国政府が台湾パイナップルの輸入を禁止したのを受け、立ち上がったのが日本の消費者による拡販支援。東日本大震災で受けた200億円の義援金の恩をここで返さねば……つまり「食べて恩返し」だ!! 生でもおいしい台湾パイナップルの“現地流”の食べ方を教わった!

現地専門店で聞いた
おいしいパイナップルの選び方

 実が全体的に黄色っぽくて皮がやわらかく、芯まで甘い台湾パイナップル。現地の市場では1つ、およそ60元から100元(日本円で235~400円弱 ※2021年5月のレート、1元=3.91元で換算)で売られている。「台湾では“酸っぱいものが好き”という人も少なくなく、店側に好みを伝えれば選んでもらえます」と言うのは台湾暮らし2年目の料理家、小河知惠子さんだ。すっぱすぎた場合には、皮をむいて空気にさらしておけば酸味が抜けて甘くなる。日本では人気すぎてまだまだ手に入りにくい台湾パイナップル。運よく入手できたときには、ぜひ試してみよう。

台湾パイナップル

●網目が大きく、平らなもの
●丸く太っているもの
●ずっしりと重いもの
●実が黄色で、とげの部分が赤くなっていれば食べごろ!

台湾流・パイナップルの切り方

台湾流・パイナップルの切り方

(1)パイナップルの頭の部分とおしりの部分を切り落とす
(2)まわりの皮を縦に全部切り落とす
(3)黒く残った部分をさらに切り落とす
(4)十字に包丁を入れて4等分にする
(5)半分を横にして1センチ幅くらいに切る

●最初にまわりの皮を全部落とすのが台湾流!