編集部が女性500人に行った調査では、9割以上が何らかのオジサンの行動で不満を抱えていた! 女性たちの怒りとともに、オジサンの行動の謎を解き明かす!

 梅雨も近づき、密室空間での不快指数がぐんぐん上昇するシーズンの到来。今回は、息苦しい空間の代表格、電車に生息する「アンソーシャルディスタンス オジサン」に対する女性たちの怒りの声を取り上げる。

「電車で肩幅以上に足を開いて座る意味がわからない。隣に座りづらいし、前に立つスペースさえなくなっている」(36歳・女性・専業主婦)

「こちらはきちんと足をそろえて座っているのに、隣で大股を広げて座っている。しかも、その足が私の足にくっついてくることが非常に不愉快」(50歳・女性・会社員)

 このように、いちばんのやり玉に挙がったのが、車内にはびこる大股開きオジサン。週刊現代が女性500人にとったアンケートでは、全体の40%が不快な行動として回答した。狭い座席でなぜか態度のデカいオジサンたちは、次のような迷惑行為の合わせ技を披露することもしばしば。

メールの内容が丸見えで心配

「酔っぱらって座席で居眠りし、こちらにもたれてくる。肩で小突いても起きないし、臭い」(36歳・女性・会社員)

「狭い座席で新聞をわざわざ広げて読み始める。こちらのスペースに侵入しないでほしい」(41歳・女性・会社員)

「座席でPCを広げて仕事してるふうを醸し出す男性。タイピングの振動が地味に伝わってきて邪魔だし、メールの内容も丸見えなので、情報漏洩は大丈夫か心配になる」(47歳・女性・専業主婦)

「リュックを背負ったまま乗り込んできたり、自分のカバンをコントロールできていない。人に当たっているのに避けようともしないのが不快」(51歳・女性・パート)

イラスト/沼田光太郎

「人のスマホをのぞき見してくる。バレてないと思ってるのか」(49歳・女性・会社員)

●Komatta-OJISAN図鑑
電車で大股開きオジサン

生態
 そんなに長くはない足をいっぱいに広げて、自分の存在を誇示する生き物。オジサン同士が隣り合ったときの陣地争いは見ものだよ!