70代で東大大学院に進学したスゴ腕経営者、73歳で夢を叶えた演歌歌手、81歳でデビューしたセクシー女優、86歳の“若手”芸人…… 60歳を過ぎてから新たなる“挑戦”をした「現役のすごい人」4人を紹介します。

65歳で慶應、72歳で東大大学院!

「現役のすごい人」に直撃!(1)

稲川素子さん

 50歳にして外国人専門の芸能事務所を起業し、ビジネス的にも大成功を収めた名物社長・稲川素子さん(87)。国際的な人間関係にくわえ、さまざまな団体・法人の代表を務める業界のフィクサー的な一面も持つスーパーウーマン。それだけでもすごいのだが、なんと65歳で慶應義塾大学に復学、さらに卒業後東大大学院に進学という超異色経歴の持ち主!慶應卒業後、すぐに東大大学院を受験するも、2度の“浪人”を経験したという。

「3度目の正直、72歳で合格いたしました。私の受験番号が出ていたあの日が、わが生涯最良の日でした」(稲川さん)

 その後稲川さんは東大大学院に8年間在籍し、昨年2020年に全課程を満期修了したという。現在は博士号取得に向けて動いているそうだ。

「私は常々みなさんに『職人になれ』と言っております。私はなんの職人になれるだろうと考えたとき、知識を身につけて『話すことのプロ』になりたいと考えました。東大で学んだ私は別人になって修了しました」(稲川さん)

「言ったらすぐ実行する」をモットーとする稲川さん。現在は「日に日に若くなること」を目標にしている、もはや向上心の化身だ。

「読者のみなさんも、いつからでも遅くはありません。こんな私のやってきたことが、みなさんの励みになるならどんなにうれしいことでしょう。私の思いを束ねた“心の花束”を、みなさんに受け取ってほしい。大きな花畑をみんなで作りましょう」(稲川さん)

稲川素子さん 撮影/吉岡竜紀

 1934年生まれ、福岡県柳川市出身。ルビー・モレノをはじめ、数々の外国人芸能人が所属する稲川素子事務所社長。国連UNHCR協会理事など、多数の団体の役職を兼任する。趣味は読書、テニス、ダンス。