「何が起きているのか表沙汰になることはあまりありませんが、高齢者施設で働く多くの職員が『高齢者の性トラブル』に苦慮しています」 

 と話すのは、介護現場で働いた経験もある淑徳大学の結城康博教授だ。

 メディアで取り上げられる「高齢者施設で起きる性のトラブル」といえば、男性の要介護者による若い女性職員へのセクハラ。介助中に胸や尻を触ったり、入浴介助中やおむつ交換時に自分の下半身を触ってほしいと要求したりといった事例が多い。

 厚生労働省も問題視し、対策マニュアルや事例集を公表するなどして対策に乗り出している。また、施設側も問題行動のある入所者の家族にセクハラの事実を伝えるなど、徐々にだが、改善に向けた動きがある。

 ところが、なかには入所者の家族にすらほとんど明かされることなく、施設内の職員だけで内々に処理している問題があるという。

 それが、施設内での高齢者同士による性トラブル

 いったい、施設の中でどんなことが起きているのか。結城さんが職員から聞いた話を紹介する。

83歳の男性が76歳の女性を……

 ある特別養護老人ホームでのこと。

 夜勤の介護士が2時間おきに行っている施設内の見回りをしていると、加藤さん(83歳男性・仮名)が中山さん(76歳女性・仮名)の個室から出ていくところを発見。部屋の中を見ると、中山さんの衣服が乱れ、ベッドシーツには男性の精液らしきものが付着していた。加藤さんが中山さんとなんらかの性的な関係をもったことは明らかだった。

 実は中山さんは認知症であり、その夜、自分の身に何が起きたのかおそらくわかっていない。一方の加藤さんは、「寂しくなったから、おしゃべりに行っただけだ」と施設に主張した。現場の状況からみるとレイプ未遂も疑われたが、本当のところ何が行われたのか、確かめようがなかった。また、もし性行為があったとしても、加藤さんが「合意だった」と言った場合、その真偽を中山さんに確認することは不可能だった。

※写真はイメージです

 加藤さんは杖を使えば自由に歩きことができ、認知症の症状もない比較的元気な男性。83歳と高齢ながら、性的関心は衰えておらず、以前、女性のヌード写真が載っている雑誌が部屋に置かれているのを介護士が目撃したこともあった。

 女性の中山さんは、かわいらしさのある、穏やかな女性。身体機能に問題はないものの、徘徊などが目立つようになったことから84歳の夫が入所を決めた。夫は現在一人暮らしをしており、2か月に1回程度面会に訪れるが、中山さんはすでに夫のことを認識できなくなっていたという。

 そんな中山さんに加藤さんは好意を抱き、日頃から何かと話しかけて隣に座るなどしていた。施設の職員たちはそんな2人に気づいてはいたものの、親しい茶飲み友達のように楽しく過ごしている様子だったので、特に心配はしていなかった。そんななかで起きた事件だった。