健康にいいと話題の炭酸水。日ごろ飲んではいるけれど別にやせないし効果を感じない……。もっと高い炭酸水がいいのか、飲む量が足りないのか。いえいえ、その飲み方が間違っているのです!便秘解消にも美容にも効果てきめん、炭酸水が手放せなくなる利用法をご紹介。

炭酸水飲むだけで「食前に飲む」で落としにくい体重もスルスル

 炭酸水が売れている。

 ウィズコロナの2021年、自宅での「宅飲み」や、お酒の「割り」としてのニーズが急増。手軽にリフレッシュでき、無糖で健康的なイメージもあって、売り上げが絶好調だ。女性は満腹感をカバーできるのとダイエット効果を期待して飲む人も多い。

「大切なのは飲むタイミングとその量。食前にコップ2杯分ほど飲めば、無理せず、1週間で1~2kgやせられます」

 教えてくれたのは、炭酸水研究の第一人者、前田眞治先生。食事の15分前までに、常温の炭酸水を女性で300ml、男性で500ml飲めば、炭酸で胃が膨らんで脳の満腹中枢を刺激。自然と食べる量が減らせる。

「食べ放題で実験を行ったところ、食前に炭酸水を飲むと、食べる量が通常の7割程度になりました」(前田先生)

 食前だけでなく、おやつの時間前に炭酸水を飲めば、間食の量も抑えられる。ただし、少量でも栄養が十分とれるような食生活を心がけること。

食前の冷たい少量の炭酸水はキケン!

 一方、飲み方を間違えると、逆効果になるので要注意。

「食前に冷たい炭酸水を少量(100~150ml程度)飲むと、炭酸の刺激で胃の動きが活発に。食べ物が胃から腸へ送られるのが早くなり、食欲が出てどんどん食べられてしまいます」(前田先生)

 前述と同じ食べ放題の実験によると、食前に少量の冷たい炭酸水を飲んだ場合、食べる量は通常の1・4倍に膨らんだ。炭酸水でダイエット効果を得るには、(1)飲む時間=食前15分程度、(2)飲む量=女性なら300ml、(3)温度=常温を厳守することが重要。もちろん、ノンカロリーを選ぶ。

「食前にスパークリングワインなどを飲むのは、食欲を刺激して美味しく食べられる効果を狙ってのこと。炭酸水は飲み方を変えるだけで、食べる量を減らすことも増やすこともできるのです」(前田先生)

 アスリートの栄養・食事のサポートを行う管理栄養士の新生暁子さんは、この炭酸水の特性に注目し、体重管理に炭酸水を用いている。

「太りぎみの人は食べる量を減らせ、やせぎみの人はしっかり食べられるようになる。飲み方ひとつで健康的な体重へコントロールできるのが炭酸水の魅力です」